お役立ち記事 精神疾患関係

「ASD・ADHD」業務の報告ができない人は、4つのポイントだけ押さえればいい【大人の発達障害】

更新日:


仕事で「報告」はとても大切なことです。

報告をしたつもりでも、相手にちゃんと伝わっていなくては意味がありません。

発達障害を持つ人の中には、相手が何を求めているのか推測するのがニガテな人もいます。

そのため、何を報告すればいいのかわからないということがあるようです。

今回は、そんな簡潔な業務報告の仕方についてまとめてみました!

ASDの人は相手が何を求めているのか推測するのがニガテ

ASD(自閉症スペクトラム)を持つ人は、相手が何を聞いているのか、何を求めているのか推測するのがニガテという特性があります。

例えば、「打ち合わせはどうだった?」という上司の言葉に対し、ASDの人は、勝手に話すポイントを決めて返答するというのが好きではありません。

そのため、打ち合わせの最初から最後までを全て説明しようするあまり、情報量が多すぎてうまく伝わりません。

逆に、「どうだった?」という曖昧な質問に対して、何を答えればいいのかわからなく、言葉足らずになる2つのパターンがあります。

また、ADHD(注意欠陥・多動性障害)を持つ人の頭は、常にフル回転状態です。

ADHDの人の場合は、話の流れなどとは関係なく、思いついたことを話してしまう傾向にあるので、聞いている方は内容を把握できません。

編集部なかの人
仕事の報告は重要だから、簡潔に伝えられるようになるといいね。

報告は4つのポイントに絞る!

業務の簡潔な報告のためには、細かい経緯などは省いて大丈夫です。

とりあえず、ポイントに絞って報告しましょう。

業務が順調に進んでいる場合

用件、結論の2つのポイントを伝える

「○○の件で打ち合わせに行ってきました」

「こちらの見積もりで概ねOKです」

このように、業務が順調に進んでいれば、報告はこれだけで大丈夫です。

うまくいっていないところがある場合

用件、結論、理由、対策の4つのポイントを伝える

うまくいっていないところがある場合は、用件、結論+なぜうまくいっていないのかその理由と、対策案を伝えましょう。

「○○の件で打ち合わせに行ってきました」

「こちらの見積もりは見直しを求められました」

「予算を超えてしまっているため、追加は難しいとのことです」

「部品の一部を輸入品にかえればコストを抑えることができるので、見積もりを作り直せますが、いかがでしょうか?」

といった具合です。

編集部なかの人
報告のときは、用件、結論、うまくいっていない場合はその理由と対策案も伝えると◎

対策案があると、上司もアイディアが出しやすくなると思うので、完璧な対策案である必要はありません。

上司にアイディアを出してもらうための踏み台というつもりで持っていきましょう。

また、対策案は自分でやれることを前提にしましょう。

人任せの対策案では責任感がないと感じられてしまいます。

細かい点などは、伝えなくてもいいの?

さきほどあげた一通りの報告をすれば、細かい情報は伝えなくて大丈夫です。

あとは、相手が質問してくるので、それに答えていくという形でOKです。

編集部なかの人2
いざ、報告をするとなるとうまく伝えらえなさそう・・・。
編集部なかの人
何も考えずに報告に行ってもうまく伝えられないよ。ちゃんと考えてから行こう。

報告するときには、事前に用件、結論、理由、対策案などメモに取って、それを持っていきましょう。

メモに書いておけば、伝え忘れなども防げます。

まとめ

ASDの人は、相手が何を求めているのか理解するのがニガテな傾向にあります。

またADHDの人は、常にいろいろなことを考えてしまうため、会話が飛び飛びになってしまうことも。

仕事の報告をするときは、最初から最後まで全て説明をしても、相手にはうまく伝わりません。

報告のときは、用件、結論、理由、対策案などのポイントに絞って簡潔に伝えることを心がけましょう。

restart_banner


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-お役立ち記事, 精神疾患関係
-, , , , , , ,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.