お役立ち記事 精神疾患関係

【五月病】実は重大な病気の一歩手前?連休明けの五月病には要注意!

投稿日:

4月から新しいことが始まってはりきっていたのに、5月の連休明けくらいから「なんかやる気がでないな~」「なんとなく調子が悪い・・・」と感じている方、少なくないと思います。

一般的に、五月病とは「やる気が出ない」「だるい」というような、どちらかというと怠けているようなイメージがあるかもしれません。

ですが、五月病とは症状が一時的に出るものではなく、このような症状をきっかけに徐々に体調が悪くなっていき、継続していくようなものを言います。

つまり、五月病とは「GW明けで学校行きたくないなー、会社行きたくないなー」という気持ちだけではなく、もっと深刻なものと考えられます。

五月病って実は深刻!

実は“五月病”と先ほどから何度も言ってきましたが、“五月病”は正式な病名ではありません。

医学的には、うつ病、適応障害、発達障害、不眠症、パーソナリティ障害、パニック障害などを指します。

編集部なかの人2
これらをまとめたものが“五月病”という感じだね。

五月病の主な症状は?

編集部なかの人
一般的に“五月病”と言われるような症状と、疑われる病名をまとめてみました。

うつ病と疑われる症状

やる気が出ない、憂うつ、疲れても眠れない、思考力が落ちる など

適応障害と疑われる症状

気分が優れない、体調不良、うつ症状など

パーソナリティ障害と疑われる症状

感情や衝動コントロール、対人関係などに障害があるなど

発達障害と疑われる症状

相互的な対人関係の障害、コミュニケーションの障害、興味や行動の偏りなど

パニック障害と疑われる症状

動悸やめまい、発汗、窒息感、吐き気、手足の震えなど発作を突然起こすなど

不眠症と疑われる症状

寝つきが悪い、途中で起きてしまい眠れない、朝早く起きてしまう、熟睡できないなど

五月病の原因は?

五月病は誰でもかかりうる病気です。

五月病の主な原因はストレスと考えられているため、特に、受験や就職などの大きな目標を達成して燃え尽き気味の人や、新しい環境にうまく馴染めずストレスを抱えている人は要注意です。

性格的には、几帳面で、責任感が強いような人が五月病になりやすいと言われています。

五月病の対処法は?

五月病の主な原因はストレスと考えられているため、ストレスを溜めこまないようにすることが大切です。

悩みや愚痴を吐き出すことでストレス解消にもなります。

ひとりで悩みを抱え込まずにまずは相談してみましょう。

趣味がある人はそれを続けたり、運動をしたりして気分転換をしてみるのもいいかもしれません。

また、健康には規則正しい生活が第一です。

生活リズムが崩れると心身共に疲れやすくなるので、規則正しい生活を常に心掛けましょう。

まとめ

入学、就職、引っ越しなど様々な環境変化によるストレスなどが原因で、ゴールデンウィーク明けあたりから体調を崩してしまうようなことを一般に五月病と呼びます。

五月病は、うつ病、適応障害、パーソナリティ障害などの可能性も考えられるため、なにかおかしいなと思ったら早めに病院を受診してみるとよさそうです。

体調を崩さないためにも、普段から規則正しい生活を心がけたり、ストレスをうまく発散できるといいですね。


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-お役立ち記事, 精神疾患関係
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.