お役立ち記事 精神疾患関係

【摂食障害】食欲を抑える事ができない・・・過食症の正体とは

更新日:

今回は摂食障害の1つである過食症についてです。
「ダイエットをしていたのに過食症になってしまった」というケースも多くあります。
過食症はストレスが原因で起こることも多く、また、逆に過食によるストレスから精神障害を引き起こすケースも多くあります。

過食症とは?

ストレスや環境変化により、食欲をコントロールできず、たくさん食べすぎてしまう病気です。
神経性大食症とも言います。
食べている間は自分をコントロールすることができません。

過食症の症状としては、

  • 「ひたすら食べ続けてしまう」
  • 「食べては嘔吐を繰り返す」

の2パターンがあります。

「ひたすら食べ続けてしまう」場合、カロリー過多で肥満になり周りが気付くことができますが、「食べては嘔吐を繰り返す」場合は見た目からはわかりにくいため、周りから気づかれないこともあります。

ひたすら食べ過ぎてしまう場合

食欲をコントロールできず、短時間で大量の食品を食べ、あまり時間をおかずにまた過食するというサイクルを繰り返します。
そのため、精神的・肉体的にストレスがかかり、より過食がエスカレートしてしまう悪循環に陥ってしまいます。
もちろん、食べた分だけカロリーも蓄積されてしまうため、肥満になり、周りの人も比較的気が付きやすいです。

食べては嘔吐を繰り返す

食べた後に、「なんでこんなに食べてしまったのか・・・」と自己嫌悪に陥り、その解決法として口に指を入れて嘔吐することによって、食べた過ぎたことを「なかったこと」にしようとします。次第に吐くという行為に体が慣れてきて習慣化してきます。
「いっぱい食べても後で吐けばいいや」と安心してしまい、どんどんエスカレートすることも。

過食症になると・・・

食欲をコントロールできなくなる

短時間に大量のものを口にするという行為を繰り返します。
特に強いストレスを感じると、夜に過食に走ってしまい、家中のものを食べつくしてしまうこともあります。

嘔吐・下痢を繰り返すように

過食後に無理やり嘔吐をしたり、下剤などを使って食べたものを体の外に出そうとします。
最初は苦しいと感じる嘔吐や下痢も、だんだんと体が慣れてしまい、他の合併症が現れるようになります。

健康に悪影響が・・

カロリーの高いものをたくさん取ってしまう傾向にあるので、コレステロール値や中性脂肪が高くなり、高血圧や心筋梗塞、糖尿病など健康に様々な悪影響があります。
嘔吐を繰り返すことによって逆流した胃酸が、歯を溶かしたり、虫歯の原因になってしまいます。
腸の機能が低下するなどの症状もあります。さらに嘔吐を繰り返すことにより強い栄養失調になると、鉄分が足りなくて貧血を起こしたり、髪の毛が急激に抜けたりもします。口内炎や肌あれの原因にもなります。

精神にも大きな影響が

わかっていても過食を繰り返してしまうため、激しい自己嫌悪におちいってしまい、精神が不安定になり、うつ病など、精神疾患を患う場合もあります。
抑うつ状態が続き、自殺に至る場合もあります。

過食症の原因は?

主にストレスが原因と言われています。
職場や学校での人間関係、家族関係、家庭環境、いじめ、失恋、受験の失敗、親のプレッシャーなど要因は様々です。
また、無理なダイエットも原因のひとつです。
無理なダイエットをすることがストレスになり、過食に繋がってしまうからです。

過食症に効果的な治療法とは?

  • 対人関係療法
  • 認知行動療法

この2つの治療法が過食症の治療に効果的と言われています。

対人関係療法

過食症の原因が、対人関係ということが多いことから、どのような対人関係やパターンが自分の過食に繋がっているのか、まずはそこから分析していきます。
対人関係の問題が解決して、自信がついてくると次第に過食症状が治まってくる、といったもの。
直接過食という症状には手をつけません。

認知行動療法

認知行動療法とは、自分の偏った考え方がどのように過食に繋がっているのかを分析して、客観的にみることができるようにしていくというものです。
例えば、食生活の記録を毎日日記につけるのも効果的ですが、人によって向き不向きがはっきり分かれます。

治療を受けないとどうなる?

摂食障害は放っておいては治りません。むしろ悪化します。
しかし、正しい知識を自分と周りの人が持っているだけでかなり改善する病気ともいえます。
例えば、今まで嫌いだった自分に少しずつ自信が持てるようになると、過食の症状は改善に向かうことができます。

ダイエットをしていたのにそのストレスや反動で過食症になってしまうことも意外と多いのですね。
過度なダイエットには十分に注意してください!
また自分にあったストレス解消法をみつけられるといいですね!


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。

-お役立ち記事, 精神疾患関係
-, , ,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2017 All Rights Reserved.