お役立ち記事 精神疾患関係

ものが捨てられない・机がいつもぐちゃぐちゃな人は発達障害かもしれない【大人の発達障害】

投稿日:

整理整頓ができない!

整理整頓がニガテでいつも机がごちゃごちゃしてしまい、必要なものがなかなか見つからないことがある・・・。

発達障害の人は、片づけや整理整頓がニガテな人が多いようです。

なにか対策を打っていかないと、仕事の大事な書類を無くしてからでは遅いですよね。

今回は、発達障害の人がニガテな片づけ対策をまとめてみました!

発達障害の人は机がぐちゃぐちゃなことが多い

ADHD(注意欠陥・多動性障害)、ASD(自閉症スペクトラム)の人は共通して物が捨てられないという特性があるようです。

使っていなくても愛着があって捨てられない、いらないけどもったいなくて捨てられないなど、理由は様々ですが、物が捨てられないため増えていく一方です。

さらに、整理整頓がニガテなため、ものがたまってしまうと収拾がつかなくなってしまいます。

大事な書類が見つからなくなってしまっては困りますし、机がぐちゃぐちゃだとだらしない人と思われても仕方ないですよね。

編集部なかの人
きれいにしようと思っても・・・どこから手をつけていいのかわからない、ということあるよね。

捨てられないのなら、きれいに見えるようにする!

いらないものは捨ててすっきりさせるのが一番ですが、ADHD、ASDの人にとってものを捨てるのはある程度時間をかけていかなくてはなりません。

そのため、ものを捨てるのではなく、きれいに見えるような方法を考えていきましょう。

細かいものはジップロックに!

机の上や引き出しに細かいものがごちゃごちゃしてしまっている場合は、透明の袋、ジップロックなどに、とりあえず全て入れてしまいましょう。

ここで大切なのは、透明の袋というところです。

中が見えないような袋ではいちいち中を出して探さなくてはならず、また机がぐちゃぐちゃになりやすくなります。

きれいな状態を写真に撮っておく!

きれいになった机、引出し等、写真に撮っておきましょう。

これは、ADHD、ASDの人は視覚優位の理解力を持っていることが多いからです。

ADHD、ASDの人は、言葉で説明されるより目で見て覚えたりするほうが得意なので、片付いた状態の写真を見たほうがイメージが付きやすく、片づけもよりスムーズになります。

編集部なかの人2
なので、写真を取ったらいつでも見られるように印刷しておくとよさそうだね。

まとめ

ADHD、ASDともに物が捨てられないという特性があります。

整理整頓もニガテでものが溜まっていく一方です。

机の上や引き出しを片付けるために、まずは、細かい文房具などはジップロックなどの透明な袋にひとつにまとめてしまいましょう。

また、ADHD、ASDの人は、言葉で説明されるより、目で見て覚える方が得意であるため、きれいになった机の写真などを見ながらのほうがよりスムーズに片づけを進めることができます。


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-お役立ち記事, 精神疾患関係
-, , , , , , ,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.