お役立ち記事 精神疾患関係

スキーマを知って生きやすくなろう ②「『だれにもわかってもらえない』『ダメな自分が恥ずかしい』」

更新日:

「スキーマを知って生きやすくなろう」では、スキーマと呼ばれる概念について学んでいきます。

自身のスキーマを理解して、少しでも自分らしく生きるためにスキーマの考え方やそれぞれのスキーマを紹介していきます。

だれにもわかってもらえない

人はだれでも、「理解されたい、愛されたい」という感情的欲求を持っています。

小さいころに親から無条件の愛情を注がれることで健全に満たされるのですが、あまり関心を向けてもらえず、

「自分は理解されている」「愛されている」という安心感が欠如したまま成長してしまうと、「わかってもらえないスキーマ」が形成されます。

このスキーマの思考の特徴は以下のようなものです。
・誰からも理解されない
・自分を愛してくれる人はいない
・自分は孤立しいる
・本当の友達なんてできない

周りから見ると不思議に感じられるほど熱烈な愛情表現をして、またそれを求める人がいます。

そういった方は「わかってもらえないこと」に対する恐怖心からそのような行動になるのです。

最初から人と関わろうとせず、誰に対しても距離をとろうとする人もいるでしょう。

 

ダメな自分が恥ずかしい

幼少期に、「お前はダメな子だ!」「なんでこんなこともできないの!」と言われたり、優秀な兄弟と比較され続けたりした人は、「欠陥・恥スキーマ」を形成します。

「自分はダメな存在だ」という思い込みと、「こんな自分が恥ずかしい」という自意識がからみ合うことで生まれるスキーマです。

思考の特徴は、以下のようなものがあります。
・周りの人に比べて自分は劣っている
・うまく人と話せない、見た目も良くない
・失敗ばかりする
・こんな自分が恥ずかしい

このスキーマを持つ人は、ダメな自分を隠そうとする気持ちが強く、極度に失敗を恐れ、取り繕うとします。

また、逆のパターンでは、実際以上に自分を大きく見せようとすることもあります。

こういった対うの人は、なにかに失敗したとき、必要以上に自分を恥じ、二度とそこに近づかなかったり、関わった人との付き合いを断ってしまったりもします。

まとめ

今回の「スキーマを知って生きやすくなろう」では、
・だれにもわかってもらえない
・ダメな自分が恥ずかしい
を学びました!

思考の特徴が自分に当てはまっていないか、確認してみましょう!



-お役立ち記事, 精神疾患関係
-, ,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2020 All Rights Reserved.