お役立ち記事 精神疾患関係

スキーマを知って生きやすくなろう ③「『自分が犠牲になればいい』『だれかに頼らないと不安だ』」

更新日:

「スキーマを知って生きやすくなろう」では、スキーマと呼ばれる概念について学んでいきます。

自身のスキーマを理解して、少しでも自分らしく生きるためにスキーマの考え方やそれぞれのスキーマを紹介していきます。

自分が犠牲になればいい

誰かがしんどそうにしている姿を見るくらいなら、自分が苦労を担いたいと考える人がいます。

自分の仕事が終わっても残業をしてでも他人の仕事を手伝ったり、このタイプの方は日常でも多く見かけることがあるでしょう。

一見素晴らしいことのように見えますが、全ての面で他人を優先してしまうようであれば、「自己犠牲スキーマ」を持っているのかもしれません。

思考の例としては、下記のようなものが挙げられます。
・自分より相手を優先するのは当然
・みんなが喜んでくれるならそれが幸せ
・だれかが苦しむなら、自分が犠牲になりたい
・人のよろこびは自分のよろこび

このスキーマは、本来負うべきではないほどの責任を幼少期に押し付けられてしまうと発生します。

アルコール依存症の親がいて、「自分が頑張らなきゃ」などと必要以上に自分に負荷をかけて育ったような場合です。

自己犠牲を全く意識せずに、感謝されると「いえいえ」と謙遜し、助けられなかったときに自分を深く責めてしまいます。

 

だれかに頼らないと不安だ

責任のある仕事を任せるとしり込みをしたり、早急に果たすべき課題があるのに指示を待ち続けたりする人がいます。

仕事以外にも、どんな映画を観るか、何を食べるかなど、些細な意思決定でも人にゆだねてしまいます。

自分で決めさせようとすると不安な顔になり、悩んでしまうのです。

これは、「無能・依存スキーマ」となります。思考例は、下記のようなものが挙げられます。
・自分は無能だ
・ひとりでは何もできない
・だれかに決めてほしい
・他人の指示通りに動きたくない

このスキーマは、幼少期に親から過剰な保護や干渉を受けて育つことで生まれてしまいます。

親の保護を受けて育つことは皆一緒ですが、全てを親がしてあげるような過保護に育ててしまうと、自分で決めることができなくなります。

新たにチャレンジすることを恐れ、課題を先送りにしたり、「自分には無理」という思い込みから助けを求めたりするようになってしまいます。

まとめ

今回の「スキーマを知って生きやすくなろう」では、
・自分が犠牲になればいい
・だれかに頼らないと不安だ
を学びました!

極端な思考に陥っていないか、確認しておくとよいですね!

 



-お役立ち記事, 精神疾患関係
-, ,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2020 All Rights Reserved.