お役立ち記事 精神疾患関係

スキーマを知って生きやすくなろう ⑤「『どうせうまくいきっこない』『自分は特別な存在だ』」

更新日:

「スキーマを知って生きやすくなろう」では、スキーマと呼ばれる概念について学んでいきます。

自身のスキーマを理解して、少しでも自分らしく生きるためにスキーマの考え方やそれぞれのスキーマを紹介していきます。

どうせうまくいきっこない

否定・悲観スキーマ」を持っている人は、いつも物事が悪い方向へ進んでいくだろうと考えます。

すべてを否定的にとらえ、「どうせうまくいかない」「どうせできっこない」など、「どうせ」が口癖となっています。

このスキーマを持っている人は、「心配性」「マイナス思考」の強力版です。

この思考例の特徴を下記に挙げます。
・人生には苦しいことしかない
・どうせうまくいきっこない
・頑張っても仕方がない
・やるだけ無駄

このスキーマを持っている人は、なにをやるにしても否定・悲観から入るため、常に消極的です。

新しいことに取り組む意欲はうすく、ひたすら現状維持を望みます。わずかな失敗から立ち直れないほどのダメージを受けてしまうこともあります。

物事を悪い方向に考え、最悪の事態を想像し、客観的に見ればなんでもないことにも騒ぎ立て、周囲の人たちを疲弊させてしまうのです。

自分は特別な存在だ

異常なほど自己愛が強く、自分だけを特別扱いするように要求し、それが当然であるかのように振舞う人は、「オレ様・女王様スキーマ」の持ち主の可能性があります。

こそスキーマは、自信にあふれ、あからさまに人を見下した態度をとり、少しでも持ち上げられるとおかしなほど有頂天になります。

ルールを守らず、自分を特別扱いすることを要求し、飲食店などでクレームをしている方などはこれにあたるかもしれません。

このスキーマの思考例はは下記のようなものが挙げられます。
・自分は特別な存在だ
・自分は他の誰とも違う
・ほかの人間は自分に奉仕して当然
・自分は尊重されるべきだ

アニメの世界ならこういうキャラクターはありですが、現実の世界では孤立してしまうでしょう。

このスキーマは、幼少時代に親から甘やかされ、自分の要求が通ることを当然として育った人に形成されがちです。

特別扱いされないことに耐性が低く、そのような場所を避けたり、自分より強い存在に対しては卑屈だったりもします。

 

まとめ

今回の「スキーマを知って生きやすくなろう」では、
・どうせうまくいきっこない
・自分は特別な存在だ
を学びました!

自分の特性を理解し、少しでもバランスよくできるように、生きやすくなるようにしていきましょう!



-お役立ち記事, 精神疾患関係
-, ,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2020 All Rights Reserved.