精神疾患関係

ビジネスの基本!正しい名刺交換のやり方まとめ【ビジネスマナー】

更新日:

編集部なかの人
企業に勤めて働き始めると、名刺交換をする機会が出てくるよね。
名刺交換なんて今までやったことがない人が多いと思うから、しっかりと覚えておく必要があるね。
編集部なかの人2

発達障害を持っている人の中には、名刺交換がニガテ、慌ててしまうという人もいるかもしれません。

そこで今回は、社会人として必要な名刺交換のマナーについてまとめてみました!

座ったままの名刺交換は×

名刺交換をする際は、必ず立ち上がって行ないます。

鞄や荷物を持っている場合、持ったままでの名刺交換は失礼に当たりますので、荷物は必ずイスの横や後ろなどに置きましょう。

名刺交換をすることが予想できているときは、あらかじめ名刺ケースを出しておくとスムーズに対応できます。

名刺交換をする順番は?

名刺交換は目下の人から目上の人に近づいて、目下の人から先に差し出します。

相手が複数いる場合は、役職が上の人から順番に名刺を交換していきましょう。

相手が一人で、こちら側が複数の時は、上司から先に名刺を交換していきます。

お互いに複数の場合は、訪問された方(自社)の役職の高い順に行ないます。

また、名刺交換はテーブル越しにするのではなく、立った状態でお互いに正面を向いて行ないましょう。

渡すときの注意点!

編集部なかの人
名刺交換をする際は、必ず両手で行ないましょう!

差し出すとき

「初めまして。××会社の○○です。よろしくお願いします。」と、名乗りながら名刺を相手の向きにして差し出します。

受け取るとき

相手が名前を名乗って名刺を差し出したら「頂戴いたします。」と言って、自分の名刺入れの上で、両手で受け取るようにしましょう。

受け取ったら軽く会釈をしましょう。

受け取った名刺は、胸より下げずに高めの位置に軽く押し上げるようにします。

同時に名刺交換をするとき

名刺交換を同時に行なう時は、右手で自分の名刺を差し出し、左手で相手の名刺を受取るようにします。
複数の人から名刺をもらうときは、一度もらった名刺は名刺入れの下に重ねて、次の人の名刺を受取りましょう。

名刺交換が無事に終了したら・・・

席についたら、受け取った名刺は名刺入れの上にのせてテーブルに置きます。

名刺を雑に扱うのは失礼にあたるので、名刺の扱いには気を付けましょう。

複数の人から名刺をもらった場合、相手の席順と同じように名刺もテーブルに並べておけば、名前の確認もできて便利です。

名刺は、面会が終わるまで出しておきます。

名刺のしまい方

面会が終わって席を立つ前に「頂戴いたします。」と言って、名刺を少し上に押し上げるような動作をしながら名刺入れにしまいます。

もらった名刺はしっかりと保管しておきましょう。

まとめ

単純な名刺交換と言っても、たくさんのマナーがありますね。

相手に失礼にならないようにしっかりとマナーを覚えておくことが大切です。

貰った名刺はしっかり保管しておきましょう。

また、名刺に貰った日付や、相手の特長などを書きこんでおくと忘れてしまったときの手がかりにもなります。


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-精神疾患関係
-, , , , , , , ,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.