【障害者就職ナビ定期メルマガ】第3号アドラー心理学で折れない心をつくる!


障害に負けない!役立つコンテンツや求人情報などを配信!
障害者就職ナビ メールマガジン第3号

こんにちは!

障害者就職ナビ編集部の北川です!
このメルマガでは、
毎週1回水曜日に障害に関連したコンテンツや就職に役立つ情報、求人情報などを配信していく予定です。

それでは今週も参りましょう!

前回までのバックナンバーは下記URLから見られます!
バックナンバーページ

[1] 今週のイベント紹介!

[2] もしも、自分に自信がないのなら〜折れない心のつくり方〜

[3] 編集後記

今週もメルマガを見て頂きありがとうございます!
なんともう7月ですね。一年間の後半戦がスタートという事になります。
暑さも本格化してきて、台風もこれからポンポン飛んでくるのでしょう・・・

なんて一年が過ぎるのが早いんだ・・・
個人的に去年末は、バタバタしていたのもあり、元旦に今年の抱負的なものは決める余裕がありませんでした・・。
ということで、今更ながら2017年後半戦の抱負でも決めてみたいと思います。続きは編集後記にて・・。

今週のイベント紹介!

今週の就職イベントは、

■サーナ就職フェスタ 名古屋会場■

【日時】
07月08日(土)

【会場】
ナディアパーク デザインホール

【所在地】
愛知県名古屋市中区栄3-18-1 デザインセンタービル6F

【アクセス】
地下鉄東山線、名城線「栄」駅より徒歩約7分
地下鉄名城線「矢場町」駅より徒歩約5分
【詳細】

障害者のための就職・転職「サーナ就職フェスタ」名古屋会場編です。
合同企業面談会なので、人事の方との面談が可能となっています。
有名会社が多数参加していますので、名古屋付近の方は要チェック!
詳細はこちら⇒イベントサイト

■クローバー就職フォーラム 東京会場■

【日時】
07月08日(土)13:00~17:00(【受付】12:15~)

【会場】
大崎ブライトコアホール

【所在地】
東京都品川区北品川5丁目5-15 大崎ブライトコア3F

【アクセス】
・JR山手線・JR埼京線・JR湘南新宿ライン「大崎」駅より約400m
・りんかい線「大崎」駅より約400m
【詳細】

・障がい者採用に特に積極的な優良企業ばかりが参加!
・事前予約の上参加された方に、もれなくQUOカード(500円分)プレゼント!※参加証と引き替えになります
・キャリアカウンセラーによる就職相談コーナーなどの充実カウンセリングで皆さんをサポート。
・手話通訳・要約筆記者が常時待機。
詳細はこちら⇒イベントサイト

もしも、自分に自信がないのなら〜折れない心のつくり方〜

さて、前回までは、障害者就職ナビという名前に沿ったような「障害者の就職状況」などについてユルく解説しました。

今回からは、「もしも自分に自信がないのなら・・・」というタイトルで、かっこ良く言うと心理学的なテーマを、またまたユルく話していきたいと思います。

なぜ、この様なテーマにしたかと言いますと、「自分に対する自信」というのは自分の人生に色んな影響を与えてくるからです。
「自分に対する自信」と言っても、例えば、自分の性格・行動・容姿・考え方など様々です。

ちなみに、先に言っておきますが、こんな偉そうな事を語っている私自身も、ポジティブか?というと疑問が残ります。
思春期には容姿にコンプレックスがありましたし、他には、今でも自分の行動に「ああすれば良かった」などと後悔する事も多いです。
(というか日常的にあります・・笑)

そんな私ですが、唯一、まだマシなほうだと思っている事があります。
それは、「何度失敗しても、後悔はするけど諦めない事」です。

私は、今現在の日常的なものも含めて、昔から多くの失敗をしてきました。
それに対していつも、「こうすればよかった」などの後悔があります。
ただ、どんなに大きな失敗をしても諦めずにやってきました。

まぁ、賢い人であれば何度も何度も失敗はしないのかもしれませんが・・笑

なにやら自分語りの様になってしまいましたが、要は「どんな人でも必ず良い点がある」という事が言いたかったのですよ。
ただ、もし今あなたが自分自身に自信を持てていない(自己肯定感が低い)のであれば、こんな事を言っても意味の無い事かもしれません。
なので、ここからは心理学の3大巨頭の一人と言われるオーストリアの精神医学者「アルフレッド・アドラー」という方が提唱した、通称「アドラー心理学」に基づいてお話をしたいと思います。

楽天主義と楽観主義は違う?!

一見、言葉遊びの様に聞こえますが、アドラーはこの二つの意味を明確に区別しています。

「楽天主義」は、目の前の現実に目を背けた上で「何とかなる」と考える事。
「楽観主義」は、目の前の現実を直視し、「結果は分からないが、ベストをつくそう」と考える事。

こうみると同じ様に見えがちではありますが、楽天主義と楽観主義ではその行動の結果の後が大きく違ってきます。

例えば、日常や人生の中で、困難にぶつかって、失敗してしまったとします。
「なんとかなる」という、現実に目を背けた考え方の「楽天主義」の人は、失敗してしまった事に対して後悔をし、「自分は出来ない人間なんだ・・」と心が折れてしまう可能性があります。

一方で、「どんな結果になろうともベストを尽くそう」と、現実を直視した上で困難を打開すべく努力しようとする「楽観主義」の人は、失敗してしまったとしても、あらかじめ現実から目をそらさないで「出来るだけ最善を尽くす」という目標を達成しているので、逆に「結果は失敗したが、自分はベストを尽くした」という考え方になり、次こそは成功するという姿勢で心が折れないでいる事が出来ます。

このことについてアドラーの名言として以下の言葉が有名です。


ベストを尽くして、葉っぱが落ちるべきところに、落ちるにまかせなさい
ー「アドラーの思い出」より

このように、アドラー心理学では、「自分の運命は自分の考え方次第で変えられる」という考え方で一貫しています。
もちろん、躁うつ病・統合失調症・発達障害などを始めとした精神疾患・障害には、遺伝的要因や生育環境などの外的要因も大きいとされています。
ですが、精神的な病が身体に影響を及ぼす様に、アドラー心理学のように「考え方次第で変えられる事もある」のです。

今回は、失敗に対する考え方に関してでした。次回も、アドラー心理学における「折れない心のつくり方」について話したいと思います。

編集後記

なんだか毎回、「ユルく」と言っている割には堅くるしい感じになっている気がする。。
まぁ、編集後記が相当ユルいので、いいとしましょう。笑

そろそろ、メルマガ読者さまからの相談なんてほしいなぁ(小声)

そんな訳で、冒頭の続きです。
ずばり、2017年後半の抱負は「失った筋肉を取り戻す!」です。

全然訳が分からないと思うんですが、実は私、約2年前に突然、脳炎という病気で1ヶ月半意識不明の重態になった事がありまして。笑
実際は、笑い事じゃないくらいヤバい状態だった訳ですが、一応日常生活に支障がないくらいには回復した訳ですが、今でも文字を書く時などに少し後遺症が残ってたりします。

まぁそれが今の仕事をしているきっかけでもあったりする訳ですが。
そこで、抱負の話に戻りますが、その入院している2ヶ月くらいの間に相当、筋肉が落ちてしまったんですよ。

下半身の筋肉は、日常生活の中で歩いたりするので自然にある程度戻ったんですが、上半身の筋肉は使わないので2年経っても全く戻りません。笑
そんな中、先日少し運動をする機会があったんですが、その次の日から動けないくらい筋肉痛が酷かったんですよね。。
歳をとるにつれて、筋肉が衰える事は避けられないのが人間です。

それなのに、少しの運動でこれはヤバい、、と。

そんな危機感を抱いたので、2017年後半の抱負は筋トレをする事で、「失った筋肉を取り戻す!」にしました。笑
あなたも、2017年後半の抱負を決めてみてはいかがでしょうか?

それではまた来週!


このメルマガでは、毎週1回水曜日に障害に関連したコンテンツや就職に役立つ情報、求人情報などを配信していく予定です。

また、購読して頂いている方からの相談メールなどへの回答なども行いたいと思いますので、お気軽にご連絡ください。
(もちろんご紹介させて頂く際は匿名でのご紹介で、個人情報が特定される情報が含まれると判断される場合は一部編集致します。)

また、こんな内容が読みたい!なんて要望なども、ぜひぜひ教えてくださいね。

ご連絡は下記アドレスまで↓
shougainavi@restart-inc.jp

なお、配信スタイルとしては読みやすさ等を考慮した上で「ユルめ」なスタイルでお送りしますので、あらかじめご了承ください。
また、コンテンツ内容や相談内容への回答は精神科医などの専門家によるものではないので、そちらもあわせてご理解頂ければ幸いです。


発行元:障害者就職ナビ編集部
メール:shougainavi@restart-inc.jp

更新日:

Copyright© 障害者就職ナビ , 2017 All Rights Reserved.