【障害者就職ナビ定期メルマガ】第7号 劣等感をもつことは悪い事ではない?!

障害に負けない!役立つコンテンツや求人情報などを配信!
障害者就職ナビ メールマガジン第7号

こんにちは!

障害者就職ナビ編集部の北川です!
このメルマガでは、
毎週1回水曜日に障害に関連したコンテンツや就職に役立つ情報、求人情報などを配信していく予定です。

それでは今週も参りましょう!

前回までのバックナンバーは下記URLから見られます!
バックナンバーページ


[1] 今週のイベント紹介!

[2] 劣等感をもつことは悪い事ではない?!

[3] 編集後記

今週もメルマガを見て頂きありがとうございます!

なんだか最近はニュースを見ていると、政治家やタレントの不倫だの離婚だのニュースが目立ちますね。
不謹慎かもしれませんが、時々「平和やなぁ」と思うときがあります。笑
もちろん、某国からのミサイルなどのニュースもありますが。。

まぁそんなニュースの事は置いておいて、早速本題に入っていきたいと思います。笑

今週のイベント紹介!

今週の就職イベントは、

■サーナ就職フェスタ 福岡会場■

【日時】
2017年08月05日(土)12:00~17:00

【会場】
FFBホール

【所在地】
福岡県福岡市博多区博多駅前2-10-19

【アクセス】
JR博多駅(博多口)より徒歩7分

【詳細】
障害者の就職・転職サイト「ウェブサーナ」主催の就職イベントです。

12:00~ 受付開始
12:10~12:40 人事メッセージ・アドバイス
12:45~13:00 企業からのひと言メッセージ
13:00~17:00 就職相談コーナー
13:00~17:00 企業面談会
14:00~17:00 コミュニケーションスペース
詳細はこちら⇒イベントサイト

■クローバー就職フォーラム 東京会場■

【日時】
2017年08月05日(土)13:00~17:00

【会場】
大崎ブライトコアホール

【所在地】
東京都品川区北品川5丁目5-15 大崎ブライトコア3F

【アクセス】
JR山手線・JR埼京線・JR湘南新宿ライン「大崎」駅より徒歩5分
りんかい線「大崎」駅より徒歩5分

【詳細】
障害者の就職・転職サイト「クローバーナビ」主催の就職イベントです。

・障がい者採用に特に積極的な優良企業ばかりが参加!
事前予約の上参加された方に、もれなくQUOカード(500円分)プレゼント!
※参加証と引き替えになります
キャリアカウンセラーによる就職相談コーナーなどの充実カウンセリングで皆さんをサポート。
手話通訳・要約筆記者が常時待機。
詳細はこちら⇒イベントサイト

劣等感をもつことは悪い事ではない?!

前回は、自分の性格(ライフスタイル)を形成する3つの要素を認識し、再選択する事で、性格を変える事も可能なんだぜ!みたいなお話でした。
今回は、「劣等感」についてのお話です。

コンプレックスとも言われる、劣等感ですが、多かれ少なかれ誰しも持っているものなんじゃないでしょうか。
正直、こいつは中々厄介な感情で、ほとんどの場合、ダイレクトに性格に影響してきます。

しかし、実は「劣等感」を持つ事自体は、悪い事ではない。と、アドラーさんは言っております。
そもそも、人間が社会の中で他人と関わって生活する上で、何かしらの劣等感を持つ事は必然だからです。

例えば、お金持ちの家に生まれ、外見も申し分ない、運動や勉強もできる。そんな完璧な人にも、他人と関わって生きていく以上は、無意識のうちに自分と他人を比較して劣等感を抱いている事もあるはずです。

すごい個人的な話になりますが、私は俳優や声優などでも活躍している神木隆之介が全日本人男子の中で完璧なんじゃないのか。と勝手に思っております。笑
だって、あんなにイケメンで売れっ子俳優でありながら大ヒット映画「君の名は。」など声優としても活躍してるんですよ!まぁ当然結構なお金も稼いでいらっしゃると思います。笑
世の中には、俳優や声優になりたくても中々人気が出ない方々もいる中でサクッと声優業までこなしてしまう訳です。(もちろん、神木さんも努力していると思いますが)

しかしでもきっと多分おそらく、神木さんにも「劣等感」というものは存在しているはずです。たぶん。。笑

とにかく、何がいいたいのかというと、そんな完璧に見えそうな人は圧倒的少数派な訳です。
それならば、大多数の人は、なにかしらに「劣等感」を抱くことは至極当然のことじゃないか、と。

今回も前置きが長くなってしまいました。
じゃあ、「劣等感」を持っている事は当たり前だから仕方ないのか、どうすることも出来ないのか。というとそういう訳でもないんでっせ。というのが今回の本題でもあります。

実は「劣等感」という感情は、決して悪い事ばかりではないんです。
いくつか例をあげましょう。
例えば、「自分にはお金がない・・・」という劣等感は、逆に「もっとお金を稼ぐ為に努力しよう!」という正の感情を沸き起こすきっかけになり得ます。
もしくは、「自分は顔が悪いからモテない・・・」という劣等感は、同じく逆に考えれば「顔以外で気を惹けるように話術を鍛えよう」といった感じに。

要は、劣等感を持つ事自体は人間である以上は必然のことであり、問題なのはその劣等感を抱いた後にどうするか(どう考えるか)が重要であると言う事です。

これは、前回のライフスタイルの再選択の話に似ていますが、大事なのは
・まず劣等感は誰しもが持っている必然の感情であるという事を理解する
・その劣等感を理解した上で、人生の課題から逃避するのかor劣等感をバネにして努力するのか。
ということです。

人生の課題から逃避するというのは、先ほどの例えで言う所の「お金がない・・」「顔が悪いからモテない・・」という悩み(課題)に対して何もしないという事になります。
これをアドラー心理学では、「劣等コンプレックス」と呼んでおり、逆にバネにして努力することを「劣等感の補償」と呼んでいます。

では最後に、そんなアドラーさんの名言をご紹介して今回は終わります。

私が成功したのは、劣っているという感覚に刺激されたからにほかなりません。
ー「アドラーの思い出」より


編集後記

今回は、冒頭の文章も編集後記も中々思いつかず、何を書こうかなーと考えていましたが、そもそもこの編集後記は情報発信という点に置いては全く意味のないものだと考えているので、いつも通りユルく適当な感じでいこうと思います。笑

ということで、最近、というより2ヶ月前くらいから始めた個人的な話をします。笑

それはズバリ!

家に帰ったときに、財布に入っている小銭をすべてどんぶりに貯めていくということです笑

これをやると、お金が無くなるのがすごく早く感じます。
まぁ実際、貯めてる訳ですから感じるだけではなく普段よりも数倍お金の減りが早いですが。笑

500円玉とか溜まってくると、いくらくらいあるのかなーとか考えて結構楽しいですよ!
貯金が苦手な私でも出来ているので、ぜひ挑戦してみてはどうでしょう!


このメルマガでは、毎週1回水曜日に障害に関連したコンテンツや就職に役立つ情報、求人情報などを配信していく予定です。

また、購読して頂いている方からの相談メールなどへの回答なども行いたいと思いますので、お気軽にご連絡ください。
(もちろんご紹介させて頂く際は匿名でのご紹介で、個人情報が特定される情報が含まれると判断される場合は一部編集致します。)

また、こんな内容が読みたい!なんて要望なども、ぜひぜひ教えてくださいね。

ご連絡は下記アドレスまで↓
shougainavi@restart-inc.jp

なお、配信スタイルとしては読みやすさ等を考慮した上で「ユルめ」なスタイルでお送りしますので、あらかじめご了承ください。
また、コンテンツ内容や相談内容への回答は精神科医などの専門家によるものではないので、そちらもあわせてご理解頂ければ幸いです。


発行元:障害者就職ナビ編集部
メール:shougainavi@restart-inc.jp

本メールは、障害者就職ナビのメルマガ登録フォームより登録された皆さまにお送りしております。
今後メールを受信されない方は、大変お手数ですが、以下のURLより配信解除のお手続きをお願いいたします。

配信解除は、下記URLより簡単に解除できます。
##__CANCEL_URL__##

投稿日:

Copyright© 障害者就職ナビ , 2017 All Rights Reserved.