アルコール依存症

慢性的に過度の飲酒を続けることで陥る障害で、精神的な依存か身体的な依存、または両方の状態になっているものをいう。
飲酒量が制限できない、時と場所に関係なく飲酒する、震えや痙攣といった症状のほか、多くの場合は身体的合併症(肝硬変、糖尿病など)を持ち、社会生活に重大な障害が生じる。

restart_banner


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。

更新日:

Copyright© 障害者就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.