アルコール依存症

慢性的に過度の飲酒を続けることでお酒がないと落ち着かない状態のこと。

アルコールが抜けると、イライラしたり、落ち着かなかったり、動悸がするようになって、それを抑えるためにまたアルコールに手を出すというような悪循環に陥ってしまいます。

一度アルコールをやめても、その後少しでも飲むと再発してしまうため、治療には本人の強い意志と周りのサポートも必要にです。

関連記事⇒

飲みすぎ注意! アルコール依存症

アルコール依存症、チェックリスト!

【依存症】アルコール依存症やDV家庭は要注意かも・・・家族依存症とは
restart_banner


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。

更新日:

Copyright© 障害者就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.