安全配慮義務

安全配慮義務とは、「労務の提供にあたって、労働者の生命・健康等を危険から保護するよう配慮すべき使用者の義務」 のこと。
この義務を怠ったために労働者が損害を被ったときは、事業主は損害を賠償する義務を負うことになります。
精神衛生面の重要性も認識されるようになってきており、疲労やストレスを感じることが少ない快適な職場環境を形成していくことが重要とされています。

restart_banner


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。

更新日:

Copyright© 障害者就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.