仮面うつ病

仮面うつ病とは精神症状よりも、身体症状の訴えが多いうつ病のこと。
頭痛や腰痛、肩こり、食欲不振、身体の痛みなどの症状が日常的に現れ、症状が重くなってくると、記憶力が落ちた、眠れない、仕事に集中できないなどの精神症状を伴うようになります。
このように、仮面うつ病は身体症状のほうが大きく現れるため、うつ病だとなかなか気づかれにくい病気です。


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。

投稿日:

Copyright© 障害者就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.