境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害とは、パーソナリティ障害のB群に分類されるものです。
気分の波が激しく、物事を極端に捉えやすいため、人間関係に支障が出てしまうことも少なくありません。
衝動的に行動に出てしまうこともあります。
本人には自覚がないことが多く、若い女性に多く見られるのも特徴です。

関連記事⇒

本人の自覚が無い場合が多い「パーソナリティ障害」とは

パーソナリティ障害ってどんな病気?① ~特徴と種類~

感情が不安定で気持ちがころころ変わる!対人関係にも問題が・・・境界性パーソナリティ障害の6つの特徴と原因・治療法まとめ
restart_banner


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。

更新日:

Copyright© 障害者就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.