季節性うつ病

ある特定の時期のみに症状が現れるうつ病で、特に冬の寒い時期にあらわれることから冬季うつ病とも言われています。
一般のうつ病と同じように、イライラや不安、憂うつを感じたり、やる気が起きなくなりますが、一般のうつ病と異なって過食や眠気を感じやすいという特徴があります。
またその季節が過ぎると症状が良くなります。
原因としては、冬場の日照時間が短いことが関係しているようです。
季節性うつ病には一般のうつ病の治療は無効で、そのかわり光療法という光を取り入れる治療法が有効です。
早い人では、2~3日で効果が現れるようです。
朝起きて、光を浴びることで自律神経や交感神経の働きを活発にすることができます。
発症年齢は20代前半の女性が多いようです。

restart_banner


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。

更新日:

Copyright© 障害者就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.