強迫性障害

強迫性障害(強迫神経症)とは、自分でも意味のないことだとわかっていてもそのことをどうしてもやめることができない症状のことを言います。
例えば、家の鍵を閉めたか心配になって何度も確認しなくては気が済まない、ばい菌が付いたと思って何度も何度も手を洗うなど。
また、自分が周りに被害を加えているのではないかという不安から外出自体が出来なくなってしまうこともあります。
本人はやめたいと思ってもなかなかやめることが出来ません。

関連記事⇒

誰でも心当たりがある事も度が過ぎると・・・強迫性障害かも?

潔癖性・・・実は強迫性障害の一種!

何十回と繰り返す確認行為がやめられない強迫性障害とは?【強迫性障害の5つの症状と特徴】

強迫性障害は治せる!治療に効果的なことと逆効果なこと【強迫性障害の改善方法】

確認作業に疲れた…強迫性障害に苦しむ人と周りの人が知っておくべきこと【強迫性障害発症の原因と対処法】
restart_banner


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。

更新日:

Copyright© 障害者就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.