社会不安障害

人前で何かをすると強い緊張、不安、恐怖を感じてしまう精神疾患。

手が震える、冷や汗が大量に出る、めまい、動悸などの症状が出ます。

これらの症状は緊張すれば誰でも感じるものですが、緊張、不安のあまり会議に参加できないなど、社会生活に支障が出てきてしまうと社会不安性障害の可能性があります。

関連記事⇒

対人恐怖症?人見知り?診断してみよう!

人前が怖い!10人に1人は疑いのある社会不安障害の11の症状

【社会不安障害】緊張、苦痛だけではない…震え、発汗など人前で現れる身体症状が悪循環に

社会不安障害を治すには…つらい原因は親にもあった【社会不安障害の原因と治療法】

【障害者就職ナビ定期メルマガ】第13号 会話が苦手な人は「開かれた質問」をしてみよう!
restart_banner


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。

更新日:

Copyright© 障害者就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.