薬物依存症

薬物依存症とは、大麻や麻薬などの何らかの薬物を継続的に摂取せずにはいられない状態のこと。

依存性薬物は、中枢神経に作用して精神活動に影響を与えるものであり、違法薬物のほかにもアルコールやニコチンも含まれます。

市販薬や処方薬は、乱用によって依存が形成される場合もありますが、医師の指示を守るなど適切に使用すれば安全です。

依存症になってしまうと、やめたくてもやめることが出来なくなってしまい、日常生活にも支障が出てきます。

依存症の治療には、二度とやらないという強い意志が必要です。

関連記事⇒

【依存症】アルコール依存症やDV家庭は要注意かも・・・家族依存症とは

【依存症】買い物でストレス発散!は実は危険?買い物依存症の怖さ
restart_banner


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。

更新日:

Copyright© 障害者就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.