ワークエンゲイジメント

ワークエンゲイジメントとは、仕事に対し積極的で充実している心理状態を指します。
ワークエンゲイジメントは「活力」、「熱意」、「没頭」の3つの要素で構成されています。

活力
仕事に対する高いエネルギー、高いパフォーマンス力のこと。
活力を高めると、ストレスを感じにくくなり、活き活きと仕事を楽しむことが出来ます。

熱意
仕事内容や自分のスキル、キャリアに対するプライドややりがいのこと。
熱意が高まると、仕事への興味関心が高まり、より良いものを生み出そうと努力するようになります。

没頭
集中して仕事に取り組む状態のこと。
没頭が高いほど、質の高い仕事ができるようになり、ミスが減って作業効率が上がります。

restart_banner


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。

更新日:

Copyright© 障害者就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.