ワークシェアリング

ワークシェアリングとは「仕事の分かち合い」と訳されることが多く、一人当たりの労働時間を短くすることで、社会全体の雇用者数を増やし、失業者を減らすことが目的です。

EU圏の一部では実験的に導入されており、すでにオランダでは大きな実績が出ています。

restart_banner


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。

更新日:

Copyright© 障害者就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.