お役立ち記事 精神疾患関係

不安な気持ちに対処するコーピング講座⑤ 「体の変化をとらえる!」

投稿日:

「不安な気持ちに対処するコーピング講座」では、ストレスの仕組みやそれに対処するコーピングについて、紹介していきます。

自分が今抱えているストレス・不安に立ち向かえるように、一緒に学んでいきましょう。

「体の変化をとらえる!」

今回注目するのは、体の反応、すなわち「身体反応」です。

「身体反応」とは、ストレッサー(ストレス環境)をきっかけにして体に起きる生理現象のことでした。

「ストレスで手が震える」「心臓がドキドキする」などは、身体反応の例となります。

「喉のかわき」「発汗」などの一過性のものと、「頭痛」「肩凝り」「下痢」などの慢性的なものに分かれます。

身体反応はどんなものがあるか

それでは、他にも例を下記にあげてみましょう。
・声が震える
・手足がふるえる
・手足がつめたくなる
・体が熱くなる
・呼吸が速くなる
・涙が出てくる
・眠れなくなる
・疲労感
・頭をかきむしる
・めまい
・腹痛
・吐き気
・じんましん

上記以外にも、身体反応には、数えきれないほどの例があります。

そして、例をご覧いただければわかるように、ネガティブなものしかありません。

これは、ネガティブでない身体反応は、普段は意識していないからです。

例えば、「今は汗をかいてない」などと意識する機会はないのではないでしょうか。

身体反応は見過ごしやすい!

また、身体反応の特徴として、他のストレス反応に比べて「見過ごしやすい」という点が挙げられます。

身体反応を見過ごしてしまうと、それらの症状が重症化しやすいです。

肩こりや胃もたれなど、それら自体が重症化すると、体にも心にも相互に悪影響を与えてしまいます。

小さなストレスの積み重ねが、とても危険ということです。

〇身体反応に気づくためには

自分が起きていることと一緒に、体に起こっている変化を挙げてみてください。

身体反応も、一つの事象に対して同時に複数出てくる場合や、移り変わることもあります。

ストレス反応にも個人差があり、身体反応が現れやすい人もいれば、表れにくい人もいます。

大事なことは、自分のクセを気づくことなので、観察を続けてみましょう!

 

まとめ

今回の「不安な気持ちに対処するコーピング講座」では、自分のストレスに気づくために、
・身体反応の特徴
を学びました!

「身体反応」はストレッサーをきっかけにして体に起きる生理現象で、他のストレス反応に比べて見過ごしやすいという特徴があります。

ストレスを気づかぬうちに溜めてしまわないためにも、自身の体を観察するクセをつけましょう!



-お役立ち記事, 精神疾患関係
-, , ,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2020 All Rights Reserved.