精神疾患関係

予定の管理ができない!ASD・ADHDの人はタイプ別に対応する【大人の発達障害】

更新日:

発達障害の人が仕事で困ることのひとつとして、スケジュール管理があげられます。

会議の予定をすっかり忘れてしまっていたり、ダブルブッキングしてしまったり、手帳にちゃんと予定を書いても、見返すことを忘れてしまったり、そもそも適当な紙に書いたので完全に忘れてしまったり。

発達障害の人は、忘れっぽいという特性と気持ちの切り替えがニガテというような特性のため、スケジュール管理に影響が出てしまうようです。

ASD・ADHDの人はスケジュール管理がニガテ

ASD(自閉症スペクトラム)の人は、気持ちの切り替えがニガテです。

ASDの人は、何か自分の興味のひくものに出会うと、そこから気持ちを切りかえることができずに、他のことは全く気にしなくなってしまいます。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の人は、ASDとは逆にひとつのことに集中できず、気が散りやすくあります。

そのため、予定とは関係なしに目の前の自分のやりたいことに走ってしまうようです。

どちらにも共通して言えることとして、スケジュールに興味をひいておく必要があります。

ASDの人は手帳とメモ帳を別々に、ADHDの人は一冊にまとめて管理する!

ASD、ADHDの人は、物に対して強いこだわりを持っている人が多いです。

そのため、まずは手帳をこだわってみましょう。

自分のこだわりぬいた手帳なら、スケジュールに意識を向けることができるかもしれません。

ASDの人の場合

ASDの人は、本来は約束や時間に厳密な人が多いので、手帳に意識さえ向けられれば、むしろ人より几帳面なくらいです。

ですが、ひとつの手帳にメモなども書いてしまうと、ごちゃごちゃしてしまってよくわからなくなってしまいます。

そのため、ASDの人の場合は、手帳とメモ帳は分けたほうがよさそうです。

ADHDの人の場合

ADHDの人の場合は、いろいろなことに気が散りやすいので、いろいろな紙に書いたりしておくと管理できなくなってしまいます。

なので、全てのことを一つの手帳で管理できるようにしたほうがよさそうです。

ADHDの人は、時間を感覚的に捉えるのがニガテでもあります。

締め切りの日にちはわかっていても、それに対して、あとどれくらいの時間が残っているのかを実感しにくいという特性があるためです。

そのため、ADHDの人の場合は、自分のスケジュールを視覚的に捉えられるように、一ヶ月分の予定を見開きで、大きく見られるようなもので予定を管理するといいかもしれません。

まとめ

発達障害の人は、スケジュール管理がニガテな傾向にあります。

気持ちの切り替えがニガテなASDの人は、メモ帳と手帳は分けてみたり、逆に気が散りやすいADHDの人は、ひとつにまとめておいた方がよさそうです。

また、視覚的にスケジュールを捉えられるようにしたら、ミスが減ったということもあるので、ちょっとした工夫をするだけでも効果はありそうです。

restart_banner


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-精神疾患関係
-, , , , , , ,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.