お役立ち記事 精神疾患関係

双極性障害(躁うつ病)ってどんな病気?②〜症状の経過編〜

更新日:

前回の記事⇒双極性障害(躁うつ病)ってどんな病気?①〜Ⅰ型とⅡ型〜

~前回のまとめ~

  • 双極性障害(躁うつ病)は、気分がハイになる躁状態と、気分が落ち込んでしまううつ状態を繰り返す病気。
  • 特に珍しい病気ではなく、100人に1人がかかると言われている。
  • 双極性障害には、Ⅰ型とⅡ型があり、Ⅰ型はうつ状態+躁状態、Ⅱ型はうつ状態+軽躁状態のこと。
  • Ⅱ型(うつ状態+軽躁状態:仕事や人間関係に支障が出ていない場合)でも、明らかに周りからみたらいつもと違うとわかるレベル。
  • 躁状態からうつ状態、またはうつ状態から躁状態にかわるときなどに、躁とうつの状態が混ざった「混合状態」になることもある。

そこで、今回は双極性障害の経過についてまとめてみました!

双極性障害の症状の経過について

双極性障害は、躁状態とうつ状態が交互に出てくる病気です。躁状態やうつ状態が一回きりですむことはほとんどありません。
躁状態、うつ状態が何度も繰り返されることが多いです。多いときには、年に4回以上、躁、うつを繰り返す場合もあります。
双極性障害の経過中は、Ⅰ型、Ⅱ型ともにうつの期間が多くを占めています。躁状態、うつ状態、どちらから始まるかは、およそ半々です。

うつ病と間違われやすい

双極性障害はうつ状態が長いため、単なるうつ病と間違われやすい病気です。
→うつだと思われていた10人に1人が実は双極性障害だったと判明。
双極性障害と判断するためには、以前に躁状態があったことを確認しなければなりません。しかし、病院を受診時にはまだ躁状態が出ていない場合もあります。
躁状態でもうつ状態でもないときは、病気がない人と何も変わらないのもこの病気の特徴です。

うつ病と双極性障害は治療法、目的が異なるため、正しく診断される必要があります。

  • うつ病の治療→うつをよくする
  • 双極性障害の治療→躁、うつの波をうまくコントロールする

うつ病と比べて、双極性障害のうつ状態には「急に発症する」「比較的重め」「妄想、幻覚など精神症状を伴う」傾向があります。

何度も繰り返す躁とうつ

最初の躁、うつ状態から次の再発まで、大体5年くらい間隔があくと言われていますが、放っておくとその間隔もだんだん短くなっていきます。
放置していると、また再発しやすくなってしまうので、再発防止に努めることが重要です。

じゃあどうすればいいの?
→次回、詳しくみていきましょう!
次回の記事⇒双極性障害(躁うつ病)ってどんな病気?③〜原因と治療法編〜

今回のまとめ

  • 双極性障害の躁状態、うつ状態が何度も繰り返されることが多い。
  • 双極性障害Ⅰ型、Ⅱ型ともにうつの期間が多くを占める。
  • 双極性障害はうつ状態が長いため、単なるうつ病と間違われやすいが、うつ病と双極性障害は治療法が異なるため、正しく診断される必要がある。
  • 躁状態、うつ状態、どちらから始まるかは、およそ半々。

※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。

-お役立ち記事, 精神疾患関係
-, ,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2017 All Rights Reserved.