お役立ち記事 精神疾患関係

幼児期や学童期に発覚することが多い!~知的障害特徴まとめ~

更新日:

知的障害は学習障害(LD)と間違われがちですが、学習障害(LD)は知的発達に遅れはありません。

関連記事⇒学習障害とは?
知的障害とは違う、学習障害(LD)の特徴・症状・経過まとめ
知的障害とは違う、学習障害(LD)の特徴・症状・経過まとめ②
知的障害と学習障害(LD)の違いとチェックリスト③

知的障害とは?

知的障害とは、18歳未満に生じるもので、知能指数:IQ70以下とされていて、年齢と比べ、明らかに行動水準が低くあります。
多くは幼児期や学童期に発覚することが多いようです。

一般的に、知的障害は4つの等級に分けられます。
IQ  ~20 最重度知的障害
IQ21~35 重度知的障害
IQ36~50 中度知的障害
IQ51~70 軽度知的障害

知的障害は、知能指数:IQだけで判断されるわけではなく、日常生活能力、社会生活能力、社会適応能力などの能力と合わせて診断されます。

知的障害の約80%の方が軽度と言われています。

年齢別の特徴

乳児期

  • 名前を呼んでも反応しない
  • 言葉を覚えるのが遅い
  • 身体の発達が遅い
  • けいれんの回数が多い

乳児期はまだ心身が未発達のため、はっきりした特徴がわからないこともあります。

幼児期

  • 友達とうまく遊べない
  • かんしゃくが強い
  • 同じことを続ける
  • 運動や動作が遅い

学童期

  • 会話の理解が難しい
  • 音読がニガテ
  • 文章問題が解けない
  • 我慢がニガテ

等級別の特徴

IQ ~20 最重度知的障害

  • 着替えができない
  • 言葉が発達しない
  • 食事などに介助が必要

身の回りのことを全くこなすことができず、介助が必要になります。
言葉は発達することはなく、叫び声を発する程度です。

IQ21~35 重度知的障害

  • 着替え、入浴、食事など、指示や手助けがあれば可能
  • コミュニケーションがニガテ
  • 一人での行動は難しい

身の回りのことを一人でこなすには難しいため、介助が必要になることもあります。
言葉や運動機能の発達が遅く、学習面ではひらがなの読み書き程度にとどまります。

IQ36~50 中度知的障害

  • 一人で着替えることはできるが、天候などに合わせて服を選ぶのは難しい
  • お金の計算がニガテ
  • 交通機関の利用は難しい
  • ひらがなでの読み書きはある程度できる
  • 身の周りのことは部分的になら可能

言葉や運動能力の発達に遅れがあります。

IQ51~70 軽度知的障害

  • 着替え、食事、入浴など基本的な日常生活に問題はない
  • 簡単な文章や、受け応えなどは可能
  • 漢字がニガテ
  • 集団の中でも交流できる

着替えや食事など、日常生活において問題はありません。
言葉の発達がゆっくりのため、大人になっても小学生くらいの学力にとどまることがほとんどです。

以上、今回は年齢別、等級別の特徴のまとめでした!
子どもの知的障害は気付かれにくいため、少しでも気になったら子どもの行動に注意してみてください。


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。

-お役立ち記事, 精神疾患関係
-,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2017 All Rights Reserved.