お役立ち記事 心理学・コーピング

心の中の不安をすっきりさせるメソッド ~その④ 当たり前を疑ってみる~

投稿日:

未来が見えづらい現代、あなたは自分自身の未来をどのように考えていますか?

明るい未来か、否定的な未来、どちらかになる確率は五分五分です。

「心の中の不安をすっきりさせるメソッド」では、未来を否定的ではなく肯定的に考え、不安より満足感を覚えることで、もっと自分を大事にする方法をご紹介していきます。

第4回は、前回の『「失敗が怖い」こそが出発点』の続き、「当たり前を疑ってみる」を解説していきます。

当たり前を疑ってみる

「レールから外れた生き方をしてはいけない」
「自分だけ休んではいけない」

敏感なあなたは、社会の風潮が、職場の雰囲気が、家庭の雰囲気がそうだから、そう思いこむようになっていませんか?

相手の顔色をうかがったり、相手の言動に左右されて、物事の捉え方や判断、行動を、他者を基準にして決める生き方をする「他者中心」の人ほど、頭でばかり考えて「思考」にとらわれてしまいがちです。

「ランチに誘ったけど断られた…。迷惑だったかな?やっぱり私がダメだから…」
「この人からこう言われた。それってどういう意味があるんだろう?」
「こういう態度をとったら、周囲からこう思われる」
「世間では、これがいいと言われている」

と、自分の気持ちより、周囲の意見を尊重してしまう…。

その原因のひとつは、自分の中に確固とした判断基準を持っていないため。

「他者中心」になっていく特徴的な思考は、次の2点が代表です。

  • しなければならない、してはいけない
  • した方がいい、しないほうがいい

自分の中に確固とした判断基準がなく、この2点の発想を土台にすると、他者中心の意識になっていきます。

まず、この「他者中心」をやめることが、心の不安を解消する第一歩になると覚えておいてください。

「好・嫌」「快・不快」「苦・楽」で決めてみる

では、「他者中心」をやめるにはどうすればいいのでしょうか。

それは、自分の力を信じ、自分自身の気持ちや考え方を大切にする「自分中心」の生き方をすること。

これは単なる「自己チュー」とは違います。

例えば…、

  • 自分の感情、意志を尊重し、大切にする
  • 自分の体を丁寧に扱う
  • 味覚、嗅覚、視覚、触覚、聴覚などの五感を大切にする
  • 五感以外の気持ちよさ、心地よさなどを実感する
  • 自分に関心を向けて、自分の価値や自己信頼を高めることを目指す

など…。

要は、相手の考えていることに注意を払うより、自分自身に意識を向けて、自分を満たす、幸福にする、楽にする、自由にする、愛する、ということです。

どんな時も”自分の気持ち“を優先する

自分を大事にできれば相手とも大事にし合えます。

自分が楽であれば、相手とも楽な関係でいられます。

自分を愛することができれば、愛し合えます。

自分が幸福であれば、相手と幸福を分かち合えます。

そうです、「私」と「相手」は同じなのです。

「私が幸せ」であれば「相手も幸せ」なのです。

これが自分中心の原理で、その核となるのが「感情」です。

  • 自分感情を基準にする
  • 自分の気持ちや感情を優先する

自分の気持ちや感情を基準にすると、他人を気にして不安になることもなくなります。

自分の思いや願いを叶えるために行動した方が、心も豊かになり、自分も相手も自由になります。

お互い自由になるためには、誰かと争う必要は全くないし、むしろ争わない方がうまくいくのです。

感情は抑えない、コントロールしない

「感情」というと一般的に「不安、焦り、怒り、嫉妬」などのマイナスイメージがついて回ります。

もし、あなたがこのような否定的な感情にとらわれているとしたら、それは、その時々に感じる否定的なマイナス感情に気づかなかったり、ネガティブな気持ちを抑えてきた結果と言えます。

では、なぜネガティブな気持ちがあふれてしまうのでしょう。

私たちはつい、

「争わないためには、感情を抑えて耐えることだ」
「目標を達成するには、いかに感情をコントロールするかだ」

などと感情を厄介者扱いしてしまいがちですが、感情は抑えるものでも、コントロールすべものではないのではないでしょうか。

感情に蓋をして無視したり、抑えたりコントロールしなければ、と思うのは、「他者中心」になって相手に意識を向けすぎた結果なのかもしれません。

相手に意識が向かえば、その分だけ自分の感情に気づきにくくなります。

自分の感情に気づかなければ、その感情を処理することができず、知らず知らずのうちにネガティブな感情が蓄積されてしまいます。

自分でもどうしてこんな気持ちになっているのかわからないほど、怒りイライラがつのり、根底に不安があれば、その不安もさらに強大化してしまいます。

こうなると、誰かに感情をぶつけるしか解決策はありません。

もちろん、それで問題が解決するわけでなく、誰かと争うたびにネガティブな感情はエスカレートされ、蓄積していきます。

そのため、また振り出しに戻り、自分の本当の気持ちに気づかず、溜め込んだ結果また爆発するという負のスパイラルに陥り、ネガティブな感情や不安に振り回されることになるのです。

ここまでのまとめ

周囲の人や、世間の「当たり前」ばかりを意識して考え、行動していると、自分の本当の気持ちや感情に気づきづらくなり、ストレスや不安が溜まる一方になってしまいます。

これまで、「他人中心」より「自分中心」の考え方や行動をおすすめしてきましたが、

「いきなり全てを変えられない…」

という人もいるかと思います。

全てを一度に変える必要はありません。

自分の出来る範囲で、まずは少しずつ「思考」を変えていくところから始めてみてください。

自分の気持ちや感情を否定したり、抑え込むよりも、自分の「好・嫌」「快・不快」「苦・楽」という感情を大事にしてあげてください。

これこそが、不安をスッキリさせるための第一歩です。

 

restart_banner


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-お役立ち記事, 心理学・コーピング
-,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2022 All Rights Reserved.