お役立ち記事 心理学・コーピング

心の中の不安をすっきりさせるメソッド ~その① そもそも不安はどうして沸いてくるの?~

投稿日:

昨今、さまざまな出来事がめまぐるしく展開する日々が続いています。

特にここ数年は、新型コロナの影響もあり、先の見えない日が続きましたよね。

そんな中、漠然と、

「もし新型コロナに感染してしまったらどうしよう…」
「これまでのような生活ができなくなってしまったら…」
「自分の将来はどうなってしまうのだろうか…」

と、不安を抱えている人も少なくないのではないでしょうか。

【心の中の不安をすっきりさせるメソッド】では、「なぜ人は不安を抱えてしまうのか?」「その不安をどうやればすっきり解消することができるのか?」など、不安に対する対処法などを解説していきます。

今回は、第1回目ということで、『そもそも人はなぜ不安になるのか?』をみていきましょう。

そもそも不安って?

「不安」を広辞苑で調べてみると、

ふ‐あん【不安】
①安心のできないこと。気がかりなさま。心配。不安心。「―な一夜を過ごす」

とあります。

要するに、「気がかりで落ち着かないこと。心配なこと」

という意味になるでしょうか。

私たちは、自分が予想できない出来事に遭遇した時、また、特定できない危険や脅威を察知した時に、自分自身の危機として誰もが経験する心の反応として「不安」を感じます。

不安を感じること自体は異常なことではなく、危険や脅威を未然に警告して、それに備えるための行動の源です。

しかし、病的な不安というものもあって、明確な理由がないのに、不安が生じて苦痛が大きくなり、しかもその苦痛が長期に渡ると、日常生活に支障をきたすことに繋がってしまいます。

こうなると「不安障害」という精神疾患にまで事が及んでしまうことも…。

そうなる前に、「いま頭の中にある不安」をなんとか解消できたらいいですよね。

「なんとなく不安」になる人たち

近年、自分の将来について、仕事、人間関係などについて、「何となく不安」になる人が増えているようです。

特に、自分の外側(他人や社会)に基準を置いて、他人に合わせようとしたり、他人と比較してしまう人は不安を抱えてしまいがちです。

「周囲の友人は結婚しているのに、自分は…」
「自分は仕事で他の人と同じレベルで働けているのだろうか?」

このように、他人との比較や社会全体を基準にして考える人ほど、不安に駆られてしまい、また、将来の安定や保証を求めてしまうようです。

しかし、自分の将来がどうなるのか、予測はできても知ることはできません。

そして、将来への不安や焦りといった気分は、考え方次第で前向きになれるのです。

例えば、少し体調が悪くなると、

「このまま、元気になれなかったらどうしよう…」
「このまま会社に行けなくなってしまうかも…」
「このまま働けなくなったら、クビにされてしまうのでは…」

と、考えれば考えるほど、より一層不安な気持ちが浮かんできてしまいます。

しかし、実際には「まだ何も起こっていない」んですよね。

事実としてあるのは「体調が悪い」ということだけです。

不安になるのは、そう「考えた」からにすぎず、しかも、それは不安になるような「考え」をしたために生まれたものです。

では、こう考えてみたらどうでしょうか。

「今は精神的に少し落ちているから無理はやめておこう」
「じゃあ今日は思い切って休んでしまおうかな」
「しかも明日は休みだからゴロゴロしよう」

そう決めて、実際休んでみて、少しでも気分が良くなれば、

「ああ、やっぱり疲れていたんだなぁ。思い切って休んでゴロゴロして正解だったなぁ」

という具合に、自分を大事にする方法前向きになれる方法に気づきます。

このように、不安やネガティブな気分や感情のほとんどは、自分が勝手にネガティブな考え方をしてしまった結果、偏ったものの捉え方・見方から自分が作り出しているものにすぎないのです。

「ゆっくり休めば元気になれる」
「ほっと一息つくことを習慣にする」

このような『気づき』を大切にしたいですね。

 

restart_banner


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-お役立ち記事, 心理学・コーピング
-,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2021 All Rights Reserved.