お役立ち記事 心理学・コーピング

心の中の不安をすっきりさせるメソッド ~その⑬ 人は人。自分は自分~

投稿日:

未来が見えづらい現代、あなたは自分自身の未来をどのように考えていますか?

明るい未来か、否定的な未来、どちらかになる確率は五分五分です。

「心の中の不安をすっきりさせるメソッド」では、未来を否定的ではなく肯定的に考え、不安より満足感を覚えることで、もっと自分を大事にする方法をご紹介していきます。

第13回は、「考え方ひとつで人生は楽になる」の続き、「人は人。自分は自分」を解説していきます。

人は人。自分は自分

前回、

「物事を優劣や大小で価値のありなしを決めるのではなく、『目に見えないもの』(人間性や精神性、創造性、感情の豊かさ)などにも目を向けてみましょう」

という話をしました。

しかし、比較すること自体が全て悪いわけではありません。

状況を具体的、かつ正確に把握するためには、比較も大切な方法です。

しかし、その比較に「価値」を付与する必要はない、ということのです。

例えば、

「あの人は、数字に強い」
「あの人は、記憶力がすごい」
「あの人は、ファッションセンスがとてもすぐれている」

などなど…。

それらは、もちろん素晴らしいことなのですが、それ以上のものでもなく、あなたとは関係がないことです。

それで「終わり」なのです。

そこで終われば「でも私は…」という思考や言葉は生まれません。

こういうルーティンを身に着けることで、あなたは「他人と比較してしまう自分」から自由になれるのです。

「あの人はこんな能力がある」

で終わり!

訓練すれば、あなたもきっとできるはずです。


 

人と「争うこと」「比較すること」を少しずつやめていくと、比例して心が自由になっていきます。

そして、心が自由になると、人を客観的に見ることができるようになります。
 
例えば…、

「あの人は医者だから、お金もあるし、社会的地位もあって羨ましいなぁ」

と、思うときも、

「立派だけど、責任の重い仕事だし、患者との訴訟リスクもあるな」

と公平な見方ができます。

「あの人は仕事で成功できていて羨ましいなぁ」

と言われる人を見ても、

「それは、この人がこれまで積み上げてきたものの成果なのだ」
「この人も家族や友人のことで悩みを抱えたり、仕事の重圧を感じているかもしれない」

と考えることが出来るようになります。

また、

「この人はいつもニコニコして気前もよくて、人に好かれる人だなぁ」

という人に対しても、

「人づきあいを気にすぎて、苦しくなっていないのかな…」

と、気遣うこともできるようになります。

自分の心が自由になっていないと、本当の“核”の部分や、相手のツラいところも見えてきません。

また、人から羨ましいと思われている当事者も、自分が持っているものにすがって、

「私はこんなに寂しいけど、人に尊敬されている」
「私は家族と争ってばかりだけど、お金持ちだ」
「家の中に居場所はないけど、会社では誰もが認める重鎮だ」
「私のやり方は後ろ指をさされることもあるけど、それも有名税だ」

と言って、自分をなぐさめ、しかもそのことに気づいていません。

どんなに人からみて自分が「素晴らしい人」のように映ったとしても、大切なのは、自分の心が今の自分の身の上を「どう感じているか」なのです。

「あなたは心が満足していますか?」
「あなたは心が充実していますか?」
「あなたは幸せだと言えますか?」

自分に問いかけてみて、胸を張って「そうです」と言える人こそ幸せなのではないでしょうか。

…続く

 

restart_banner


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-お役立ち記事, 心理学・コーピング
-,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2022 All Rights Reserved.