お役立ち記事 心理学・コーピング

心の中の不安をすっきりさせるメソッド ~その⑯ 「好き嫌いで選ぶ」とうまくいく~

投稿日:

未来が見えづらい現代、あなたは自分自身の未来をどのように考えていますか?

明るい未来か、否定的な未来、どちらかになる確率は五分五分です。

「心の中の不安をすっきりさせるメソッド」では、未来を否定的ではなく肯定的に考え、不安より満足感を覚えることで、もっと自分を大事にする方法をご紹介していきます。

第16回は、「結婚における『男性は年収、女性は年齢』というモノサシ」の続き、「『好き嫌いで選ぶ』とうまくいく」を解説していきます。

「好き嫌いで選ぶ」とうまくいく

前回、結婚する指標として、

“好き”という感情があれば、お互いに不満や足りない面があったとしても、その溝を埋めるための努力ができる

という話をしました。

「どうしたら」という意識にとらわれていると、それだけで“感情”の方に焦点が当たりにくくなってしまいます。

思考を優先すれば、

「私ももう適齢期を過ぎそうなので、そろそろ結婚した方がいいと思うんです」
「今、結婚しないと結婚というレール、家庭を築くレールからも外れてしまう」
「結婚しないと親が死んだら一人ぼっちになってしまう」
「でも、今付き合っている人と結婚した方がいいか分からない」
「そもそも、本当にその人のことが好きなのかどうなのか分からない」
「私はこの人と結婚した方がいいんでしょうか?」
「どうした方がいいのか、自分でなかなか決められません…」

と、延々と考えてしまうことになるでしょう。

しかもその問いは、「婚活」をそのまま「就職」や「転職」に当てはめても全く違いがありません。

「学校を卒業したら、すぐに就職しないと不利になる」
「レールから外れると、もう落伍者になってしまうから、列車に乗り遅れるわけにはいかない」
「しかも年齢がいけばいくほど、不利になる」
「就活して就職先は見つかったけど、この会社にいきたいか自分では分からない」
「就職難の時代だから贅沢を言うなとみんな言うけど、どうしても迷ってしまう」
「この会社に就職した方がいいのか、しない方がいいのか」
「私はどうしたらいいのでしょうか…」

満足感、充実感、幸福感の3つがポイント

このように「思考」にとらわれて、「思考」を基準に決めようとしているかぎり、

「私は何をしたいか分からない」
「私は自分がどんな気持ちなのか自分でも分からない」
「私は何をしていても、誰といても自分の居場所がないと感じる」

という“迷いの世界”の中でさまよってしまうのは当然なのです。

この場合、“迷う”ことが問題なのではなく、「感情」を基準にしていないことが問題です。

「感情」を基準にすれば、自分の気持ちや感情にそった選択や決断、行動ができるはずで、仮に間違った選択をしたとしても、

「でも、私が好きだから満足なんだ」
「でも、私がしたかったのだから、後悔はしていない」
「でも、私が我慢したくなかったから、良かったと思っている」

というふうに、自分の心が満たされます。

さらに、

「私がしたい。だからやろう。自分の欲求を満たせて良かった」
「私はしたくない。だからやらない。自分の欲求を満たせて良かった」

と、どちらを選択しても後悔が少なくなります。

このように、満足感、充実感、幸福感を“実感”できるのは、感情に焦点が当たっているからなのです。

…続く

 

restart_banner


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-お役立ち記事, 心理学・コーピング
-,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2022 All Rights Reserved.