アンガーマネージメント お役立ち記事 心理学・コーピング

怒りに振り回されない!アンガーマネージメント【3】 ~4つの「怒り」の特性~

更新日:

「いつもイライラ…」
「ついカッとなって怒鳴って後悔…」
「怒りを抑えて苦しくなった…」

誰しも一度はこんな経験があるはず。

「怒り」で人間関係が壊れたり、仕事にも影響したり…何かと扱いづらい感情ですが、人間にとって必要な感情のひとつです。

大切なのは「怒り」に振り回されず、上手に付き合うこと!

「アンガーマネージメント」は、怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニングです。

アンガーマネージメントで人生をもっと楽に生きてみませんか?

第3回は、前回の「『怒り』をうまくコントロールできないと損をする」の続き、「4つの『怒り』の特性」を解説していきます。

4つの「怒り」の特性

怒りについて、もう少し詳しくみていきましょう。

怒りには、4つの性質があると言われています。

【1】怒りは高いところから低いところへ流れる

親から子、上司から部下、客から店員など、怒りは高いところから低いところへ、言い換えると、力の強いところから弱いところへ流れる、という性質があります。

上司から部下へ怒りが流れるパターンは想像しやすいかと思います。

ただし、異動してきたばかりの新任課長に対して、そのすぐ下のベテラン社員が逆パワハラをするパターンもあります。

新参者の課長に対して「こんなこともできないんですか?」「前の課長だったら、こんなこと私に頼みませんでしたよ!」などと、怒りをぶつけるパターンです。

これは、職位とは関係なく、知識や情報を持った「上の立場」の人から怒りが流れる形です。

そして、その怒りは、それはさらに低いところへ連鎖していく、という特徴があります。

つまり、上の立場の人からぶつけられた怒りは、跳ね返されるのではなく、自分よりも下の人へ、怒りをぶつけやすい人へと向けられるという「負の連鎖」が起きてしまいます。

親から怒られた子は、妹や弟や立場の弱い友達に、上司の部長から怒られた課長は、さらに自分の下の部下に、という具合に怒りを発展させていきます。

【2】怒りは伝染する

同僚や家族など、近くの人がイライラしてるのを見て、自分も同じようにイライラしたことはありませんか?

「情動感染」といって、喜怒哀楽などの感情は周囲に伝染すると言われています。

パソコンのキーボードを不機嫌そうに打つ人。

イライラしてため息をつく人。

チッ!と舌打ちをする人。

ブツブツと愚痴や不満を口に出している人…。

これらの怒りは、知らず知らずのうちにあなたにも伝わっています。

このような怒りをまともに受けて、自分までイライラしないように気を付けましょう。

【3】怒りは身近な対象ほど強くなる

パートナーに、「洋服は脱ぎっぱなしにしないで!」「使ったものは元の場所に戻して!」だったり、子どもに「部屋を片付けなさい!」「何時だと思ってるの!早く寝なさい!」など、「何度言っても直らない」とイラっとしたことはありませんか?

怒りは身近な対象ほど強くなる性質があります。

長く一緒にいる身近な相手ほど「コントロールできるはずだ」という思い込みがあるからです。

また、よくわかっている相手だからこそ、相手への期待度も高くなり、甘えも生まれやすくなります。

結果、思い通りにならない時に怒りが生じやすく、それを相手に向けて、怒りの度合いも強くなっていきます。

長く一緒にいる人であっても、相手は自分とは違う人間であり、違う考えや価値観を持っています。

身近な人でも、「言わなくてはわかってもらえない」「思う通りにはならない存在」なのだと考えましょう。

「私がして欲しいことくらい(長く一緒にいるんだから)わかるでしょ?」
「言わなくてもわかってくれるはず。何度同じこと言わせるの?」
「このくらいのことは、普通に察してくれるはず」

身近な人に対してこんな気持ちになった時は要注意です。

【4】怒りは行動を起こすモチベーションになる

怒りは強いエネルギーを持っているため、その扱い方によっては「いつか言い返してやる!」「仕返ししてやる!」といった、非建設的な行動の源になることがあります。

復習やストーカーに結びつくケースもあるくらいです。

しかし、アンガーマネージメントを学べば、それらの怒りを建設的な方向へ導くことが可能です。

例えば、バカにされて怒りを覚えたけど、それをバネに奮起して「今に見てろ!」「絶対に結果を出してやる!」と行動して、実際に結果が出たという経験はありませんか?

このように、怒りのエネルギーをうまく使い、建設的な行動へ意識を向けることもできるのです。


 
 
次回、「問題となる4つの怒り」、へ続く


 

restart_banner


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-アンガーマネージメント, お役立ち記事, 心理学・コーピング
-,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2022 All Rights Reserved.