アンガーマネージメント お役立ち記事 心理学・コーピング

怒りに振り回されない!アンガーマネージメント【1】 ~そもそも「怒り」ってどんなもの?~

投稿日:

最近、あなたの周りの人、そしてあなた自身が怒りっぽい…と感じることはありませんか?

長引くコロナ禍、経済的な不安、SNSなどで多くに人たちと意見が発信できるようになり、メディアやネットの情報に感情をぶつけやすくなったこと、社会が多様化する中で、相容れない価値観を持つ人との出会いなど…、原因はいろいろと考えられます。

「すぐに怒鳴ってしまって後悔する」
「いつもイライラしている」
「怒ることは悪いことだと思って、抑えていたら苦しくなった」
「つい感情的になって、人間関係がこじれてしまった」
「怒ってばかりいる自分が嫌になる」
「ムカッとして、すぐケンカになってしまう」

皆さんにもいくつか思い当たることがあるのでないでしょうか?

これらは全て「怒り」という感情によるものです。

そもそも「怒り」ってどんなもの?

「思い通りにならず『なんで?』とムカッとする」
「気にしていることを言われてカチンとする」
「思った通りに行動できない自分にムシャクシャする」

このような「怒り」は、自分の身を守るための防御感情とも言われています。

人は、心と体の安心・安全が脅かされそうになる(身の危険にさらされたり、傷つけられそうになった時)と、怒りが生まれ、その怒りで自分を守ろうとします。

つまり、怒りは、楽しい、嬉しいなどの他の感情と同じく、人間にとって必要な感情のひとつなのです。

その一方で、他の感情と比べると扱いづらいため、ネガディブな印象が強いのも事実です。

怒りをぶつけられて嫌な思いをしたり、実際に怒りで失敗したこと、「怒るのはみっともないこと」と言われて育ったために、怒りを悪いものだと思いこんで、しっかり目を向けてこなかった人も多いと思います。

しかし、怒りを抑えこんで蓋をしたり、しっかり向き合わないことが、余計に怒りを扱いづらいものにしています。

ネガディブな印象を持つ「怒り」ですが、そもそも感情に「良い」「悪い」という分け方はなく、「怒り」自体は悪いものではありません。

大事なのは、「怒り」に振り回されず、上手に付き合うことなのです。

それが、「アンガーマネージメント」です。

アンガーマネージメントとは?

アンガーマネージメントは、「怒り」という感情を論理的に捉えて、実践的な対処法を提示するものです。

「自分は怒りっぽい性格だから絶対直らないよ」

と思っている人もいるかもしれませんが、アンガーマネージメントは精神論ではないため誰にでも習得できる技術なのです。

「怒り」は、私たち人間にとってごく自然な感情です。

うまく付き合うこともできますし、行動を起こすモチベーションとして活かすこともできます。

「怒り」という感情自体をなくすことはできませんが、それをコントロールすることで、カッとなって暴言を吐いたり、毎日を不機嫌に過ごすことを減らす。

それが「アンガーマネージメント」です。

あなたも「アンガーマネージメント」を学び、怒りに振り回されない生活を送ってみませんか?

そのために、まず怒っている自分を否定せず、受け入れることから始めてみましょう!


 
 
次回、「『怒り』をうまくコントロールできないと損をする」、へ続く


 

restart_banner


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-アンガーマネージメント, お役立ち記事, 心理学・コーピング
-,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2022 All Rights Reserved.