お役立ち記事 心理学・コーピング

感情とうまく付き合うための処方箋【9】 【悲しみ】~大切なのものを取り戻せるなら、行動しよう!~

投稿日:

「現代ストレス社会」と言われる今。

ストレスフルな環境で働き続けるためには、自分で自分を守る工夫が必要です。

その工夫のキーワードが「感情」

「感情とうまく付き合うための処方箋」では、仕事で感じる「怒り」「悲しみ」「落ち込み」「不安」の4つの「感情」を味方につけて、ストレスから自分を守る方法をご紹介します。

第9回は、「【悲しみ】~悲しい時、人は自分が置かれた状況を俯瞰しにくくなる~」の続き、「【悲しみ】~大切なのものを取り戻せるなら、行動しよう!~」を解説していきます。

【悲しみ】~大切なのものを取り戻せるなら、行動しよう!~

前回、

「悲しみ」を引き起こすのは、大事なものが失われている状態なので、その「大事なもの」は何なのか、まずは探ってみましょう

という話をしました。

そして、自分の状態をキャッチできたなら、次はその大切なものが、

「取り戻せる可能性がある」or「すでに失って取り戻せない」

このどちらかで判断します。

まだ「取り返せる可能性がある」なら、取り戻すために行動を起こすことが最優先!

前回の、「友人との時間が失われている」例だと、

「自分が主催者になって、自分のスケジュールに合わせてサークル仲間との集まりを企画する」

という感じに工夫することができます。

失くしたものを取り戻すための3ステップ

例:失くしかけているもの…大切な友人と過ごす時間

【1】失くしかけているものを取り戻すために、できそうな行動をリストアップ
・友人との集まりを自分が企画
・自宅に友人を呼ぶ
・早く帰れた日に声をかける
・休日に集まることを提案…など
【2】実行しやすさ、どのくらい効果があるかチェック
「自分が企画する」「自宅に呼ぶ」は効果◎だが、忙しい中で実行するのは大変。
全員が集まれなくても、自分が早く帰れる日に声をかけるのは手軽にでき、一定の効果もある。
【3】優先順位から高いものからどんどん試す
いつ:次に早く帰れそうな日の夕方
どこで:職場から
何を:サークルメンバーのLINEにメッセージを送る
準備:集まれそうな店を探しておく

こんな流れで、失くしたものを取り返しましょう!


 
では、「完全に失ってしまった」「もう取り戻すことができない」という時は、どのように「悲しみ」と付き合っていけばいいのでしょうか?

残念ながら、「こうすればあっという間に悲しみから解放される」「悲しみが消えてなくなる」という魔法のような方法はありません。

失ったものは、あなたにとってとても大事なものだったのだから、当然と言えば当然ですよね。

しかし、前に進むために役立つ方法はあります…!

次回、【悲しみ】~「さようなら」の5ステップを知る~、へ続く

 

restart_banner


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-お役立ち記事, 心理学・コーピング
-,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2022 All Rights Reserved.