お役立ち記事 心理学・コーピング

感情とうまく付き合うための処方箋【2】 ~嫌いな感情ランキング1位?【怒り】~

更新日:

「現代ストレス社会」と言われる今。

ストレスフルな環境で働き続けるためには、自分で自分を守る工夫が必要です。

その工夫のキーワードが「感情」

「感情とうまく付き合うための処方箋」では、仕事で感じる「怒り」「悲しみ」「落ち込み」「不安」の4つの「感情」を味方につけて、ストレスから自分を守る方法をご紹介します。

第2回は、「嫌いな感情ランキング1位?【怒り】」を解説していきます。

嫌いな感情ランキング1位?【怒り】

仕事をしていて、こんな経験したことありませんか?

あなた「先日、指示いただいた企画書ができたので確認お願いします」
上司「どれどれ…。んん?なんだ?この企画書は。まずタイトルがダメだし、コンセプトも分かりにくいな。それに…(ダメ出し続く)」
あなた「(やりたいようにまとめてみろ、って言ったくせに、ダメ出しばっかりしやがって…!最初からそう言えばいいじゃないか。時間返してくれよ!)」
あなた「ここ間違ってたから訂正しておいたよ」
新人社員「あ、本当だ。これ、課長がギリギリに頼んできたんですよねー」
あなた「…それから、この表現だとお客様に失礼になるから、こっちの表現にした方がいいと思うよ」
新人社員「はーい。でも、それって場合によりますよね」
あなた「(いつもいつも言い訳するし、一言多いんだよなぁ。注意するのもだんだん嫌になってくる!)」
上司「今度、新しいコピー機がくるから、誰か周辺の整理しておいてくれないかな?あ、君が一番席が近いから頼んだよ」
あなた「(いつも雑用ばっかり私に押し付けて…。私だって忙しいし、自分の仕事に時間をかけたいのに!)」

職場のイライラや怒りは、数えるとキリがないかもしれません。

「怒り」「イライラ」と聞くと、あなたはどんなイメージが湧くでしょうか。

「できればあまり感じたくない」
「自分が怒られるのはもっと勘弁!」

など、ネガティブな回答がほとんどを占めてしまいそうです。

冷静に物事を判断できなくなって、怒りに任せて人間関係を壊したり、周囲からの評価を落としたり、「なんであんなことしちゃったんだろう…」と、自己嫌悪に陥ることもあるのではないでしょうか。

嫌なことが「怒り」を生み、「怒り」が嫌な行動を生み出してしまう…。

まさに悪循環のループ!

「嫌いな感情ランキング」があったら、「怒り」は第一位を獲得してしまいそうです…。

「怒り」は大事なものが傷つけられているというサイン

このように“負”のイメージがつきものの「怒り」ですが、この「怒り」の感情にも、大事な機能があります。

それは、

「自分の大事なものが傷つけられている!守るために行動した方がいいよ!」

と、教えてくれることです。

この感情は、私たちが森で暮らしていたころには、自分の命、家族や群れの命、自分の住んでいる場所など、大事なものを守ってくれていました。

外敵に襲われた時、「怒り」が危険を知らせてくれ、反撃することで、私たちは生き延びてきたのです。

つまり、自分が守っている境界線を越えて領域(テリトリー)が侵害されている時に起こる感情とも言えます。

では、現代ではどうでしょうか?

先程の例で、どんな大切なものが傷つけられているか、境界線が侵害されていたか見てみましょう。

上司が曖昧な指示を出し、あとから企画書に細かいダメ出しをしてきた
→自分が取り組んだ仕事や、それにかかった時間
新人社員がミスしてばかりで反省しない
→後輩をきちんと育てたい思い、新入社員はこうあるべきという価値観
コピー機まわりの雑用を頼まれた
→自分の仕事にかける時間

これらの「大事なもの」が傷つけられた時、「怒り」が出てきます。

「怒り」を引き起こす「大事なもの」

  • 夢や理想
  • 仕事
  • 周囲からの評価
  • 才能、能力
  • 時間
  • 関係
  • 健康
  • 価値観
  • 結果、成果

また、「怒り」には「不当性」も関係しています。

  • 正当な評価が得られない
  • 膨大なタスクをふられるなどの無茶ぶり
  • 自分には非がないのに責められる

不当さ、理不尽さも「怒り」を呼び起こします。

その背景に、集団生活の中では秩序やルールを守ることで生き延びてきた、という歴史があります。

集団生活の中で秩序やルールを破る人がいると、集団全体に危害が及び、生き延びる可能性がガクンと減ってしまいます。

自分が属する社会の秩序・ルールにそぐわないこと、理不尽なことに、人は「怒り」を感じるようにできているのです。

また、「怒り」は、人間関係と密接に関わる感情とも言えます。

人間関係を活かすも殺すも、「怒り」との付き合い方次第だからです。

森に住んでいた時の私たちは、怒りにまかせて相手を反撃することは良しとされてきました。

しかし、現代の社会生活の中では、怒りにまかせて行動したり、言いすぎたりすると、

「あの人って短気だね」
「怒りっぽい人だね」

と思われ、信頼が落ちたり、関係が悪くなったりします。

このような経験から、「怒り」はどうしてもネガティブなイメージが強くなってしまうのかもしれません。

「怒りは、人間関係を壊してしまう、取り扱い注意の感情」

と、敬遠されがちな感情「怒り」。

しかし、「怒り」の本来の機能は、

「自分の大切なものを守る」
「境界線を引いて、自分の領域を守る」

この2点にあります。

では、その機能をどう発揮させればよいのでしょうか?

…次回、【怒り】~「攻撃」と「我慢」はNG!~、へ続く

 

restart_banner


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-お役立ち記事, 心理学・コーピング
-,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2022 All Rights Reserved.