お役立ち記事 心理学・コーピング

感情とうまく付き合うための処方箋【20】 【不安】~自分の能力や性格に関わる場合、気持ちを誰かに受け止めてもらう~

投稿日:

「現代ストレス社会」と言われる今。

ストレスフルな環境で働き続けるためには、自分で自分を守る工夫が必要です。

その工夫のキーワードが「感情」

「感情とうまく付き合うための処方箋」では、仕事で感じる「怒り」「悲しみ」「落ち込み」「不安」の4つの「感情」を味方につけて、ストレスから自分を守る方法をご紹介します。

第20回は、「【不安】~不安を「見える化」する2つの方法~」の続き、「【不安】~自分の能力や性格に関わる場合、気持ちを誰かに受け止めてもらう~」を解説していきます。

【不安】~自分の能力や性格に関わる場合、気持ちを誰かに受け止めてもらう~

前回までは、「不安をカテゴリ分けして書き出し、見える化する」という方法をご紹介してきましたが、実はこの方法だとすぐに使うのが難しい時もあります。

それは、「自分の能力や性格に関わる不安」の場合です。

例えば…、

最新の知識や技術をもった後輩が入社してきた。
彼のおかげで仕事の面では助かっているけど、5年後、10年後を考えた時、自分はこのままでいいんだろうか…。
でも、今は仕事も忙しいし、余裕もないから、そのうちまた考えよう…。

人は意外と自分のことが一番分からないものです。

先にあげた不安の場合、自分のマイナスなところばかり目が向いてしまって、視野も狭くなっています。

自分のマイナスなところに向き合うのは、誰しもツラいものです。

ついつい「なかったこと」にしてしまいがちですが、不安は消えず、モヤモヤは続きます。

5年後、10年後にいよいよ手をうたなければ…という事態になった頃には、「時すでに遅し」で、手を打つ労力も倍増してしまいます。

このような時は、誰かに話して「それは大変だよね」「心配な気持ちになって当然だよ」などと、不安な気持ちを受け止めてもらうことが、次のステップへの第一歩になります。

また、私たちが人に話をする時、その中には「事実」「考え」「気持ち」の3つの情報が入っています。

会話に含まれる3つの情報

最新の知識や技術をもった後輩が入社してきた。
仕事の面では助かっているけど、自分はこのままでいいんだろうか…。

  1. 事実
    …最新の技術や知識に追いついていけてない、などの事実としての事柄
  2. 考え
    …自分はこのままでいいんだろうか、などの考え
  3. 気持ち(感情)
    …不安、心配、焦り、などの気持ち

「事実」を知ってもらったり、「考え」を理解してもらうことも、もちろん大事ですが、何より「気持ちを分かってもらえた」と感じた時、人は意欲やエネルギーが湧いてきます。

そして、不安な時に、その気持ちを受けとめてもらえると、

「苦しいけど。ツラいけど。ちょっと向き合ってみようかな」

と勇気がわいて、次に進むことができるようになるのです。


 
次回、【不安】~「不安のおかげで仕事で成果が出せている」と考えてみる~、へ続く

 

restart_banner


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-お役立ち記事, 心理学・コーピング
-,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2022 All Rights Reserved.