お役立ち記事 精神疾患関係

業務に必要な相談さえも躊躇ってしまう。相談がニガテな人の対処法まとめ【大人の発達障害】

投稿日:

困ったことがあったら相談してと言われても、なかなか相談できない。

忙しい先輩や上司を捕まえるのは申し訳なくて、相談できず、結局自分の判断でやったら違うと怒られてしまった。

そんな経験ありませんか?

発達障害を持つ人は、相談することがニガテな人が多いようです。

ASDの人は、相談がニガテ

発達障害のある人、特にASD(自閉症スペクトラム)の人は相談がニガテな人が多いようです。

仕事で必要な相談や交渉まで躊躇ってしまうことが多いので、仕事の成果に影響が出てしまうこともあります。

なぜ、ここまで相談することを躊躇ってしまうのかというと、「相手に迷惑をかけてしまう」という思いが強いからです。

発達障害のある人は、自分勝手と思われがちですが、実際、発達障害のある人は人の感情を気にする人が多いのです。

ですが、相手の気持ちを考えるのがニガテであるから、人間関係でうまくいかないことも多くあります。

今までの人間関係の失敗経験などもあり、周りの人と関わることにかなり慎重になってしまうのです。

また、会社に入ると、上司・先輩は「わからなかったら質問して」とはいうものの、「自分で考えて」とも言ってくるのでどうしていいかわからなくなってしまう人も多いのではないでしょうか。

「わからないことがあるけれど、これは相談していいことなのか?自分で解決すべきなのか?」と、発達障害を持っていない人も判断に困ってしまうところでもあります。

編集部なかの人
今までの失敗経験などがあると、「相談すること」に対してネガティブなイメージがついてしまうようですね。

相談は悪いことではない!

編集部なかの人
「相談は仕事に必要なことで、相談はしてもいいこと」と考えよう!

相談しなかった結果怒られてしまうのであれば、相談して怒られるほうが心の傷は小さいようです。

相談すべきかどうか迷う時は、相談したほうがいいケースのほうが多くあります。

また、失敗は重ねながら、少しずつ学んでいくものです。

経験を重ねて少しずつ何を相談するべきか会得していきましょう。

自分なりに、相談することとそうでないことを判断するには?

「相談はしてもいいこと」と言いましたが、何から何までいちいち相談に行くようであれば、それは「自分で解決する気がない」、「人任せ」と思われてしまうかもしれません。

例えば、ネットで調べればすぐにわかるようなことは、自分で調べるべき、一度教わったようなことであれば、メモを見返すべきです。

ですが、メモが見つからない、メモしていなかったという時は、もう一度聞くしかありません。

これ以上、何度も聞き直してしまわないように、聞いたときにはしっかりとメモを取るようにしましょう。

ネットで調べてもわからないようなことや、初めてのことなどは相談にいくようにしましょう。

まとめ

発達障害を持つ人、特にASDの人は相談するということがニガテです。

というのも、相手に迷惑をかけてしまうと心配になって相談ができなかったり、過去の失敗の経験などから、相談すること自体を避ける傾向にあるようです。

ですが、相談は仕事においてとても大切なことです。

ですので、「相談することは必要なことで、してもいいこと」と考えるようにしていきましょう。


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-お役立ち記事, 精神疾患関係
-, , , , , , , ,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.