お役立ち記事 こんな症状ありませんか?…メンタルヘルス解説 精神疾患まとめ 精神疾患関係 自律神経

気象病とは? ~雨が降りそうになると頭痛がする…古傷が痛む…気象病の原因と対処法~

投稿日:

関東地方も梅雨入りし、本格的に雨のシーズンに突入しましたね。

しばらく安定しない天気が続きますが、この時期になると、なぜか

「朝起きられない…」

「頭痛がする…」

「昔、ケガをしたところが痛い…」

「めまいがする…」

など、体調が悪くなることはありませんか?

これらの症状、もしかしたら「気象病」かもしれません。

気象病とは?

気象病は、近年認知されつつある病気で、天気や気温の変化が原因で起こる体の不調の総称です。

全く不調を感じない人がいる一方、人によって様々な症状が起こるため誤解されがちですが、本人にとってはとても憂鬱な症状です。

天候や気温・気圧・湿度などの気象条件が症状の引き金となるため、一日の天気の変化が激しい夏や秋、季節の変わり目は特に注意が必要です。

また、日本人の6割が気象病の自覚があるとも言われています。

気象病の症状は?

主な症状として、

  • 頭痛
  • めまい
  • 疲労感、倦怠感
  • 吐き気
  • 肩こり
  • 動悸、息切れ
  • 気分の落ち込み
  • 食欲低下
  • 古傷が痛む
  • 関節痛
  • 目や口の渇き
  • 日中の眠気、夜間の不眠
  • 低血圧
  • 手足のしびれ など

いずれも、日常生活を送る上でつらい症状が多くみられます。

気象病を感じやす人は?

慢性疾患を抱えている人は、気象病の不調が起きやすいと考えられています。

気象病を感じやすい人は、

  • 乗り物酔いしやすい人
  • 神経痛がある人や、神経が過敏な人
  • アレルギー症状がある人
  • 冷え性の人
  • 汗をあまりかかない人
  • 運動不足の人
  • 太りやすい、またはぽっちゃり体型の人
  • やせ型の人
  • 不規則な生活を送っている人
  • 手術や怪我のあとがある人
  • 甲状腺疾患、リウマチがある人 など

該当する人は、気圧や気温の低下により痛みや不調をより強く感じるおそれがあります。

気象病が起こりやすい環境は?

メカニズムの詳細はまだ不明ですが、気圧や気温、湿度の急激な変化に人体が対応しきれていないことが原因と考えられています。

気象病が起こりやすい環境は、

  • 梅雨または秋雨
  • 台風
  • 曇り
  • 風が強い日
  • クーラーがきいた屋内
  • 標高の高い山
  • 飛行機
  • ビルの高層階 など

四季の変化がある日本は、季節の変わり目に長雨があるため、気象病になる人が多いと言えるでしょう。

気象病の原因は?

気象病の主な原因は、内耳という器官が関係していると言われています。

気圧が変化すると、内耳の前庭部(気圧を感知する場所)が刺激を受け、自律神経の交感神経の働きが強くなります。

自律神経は、体調を正常に保つために、血液循環や体温調整、呼吸など様々な機能をコントロールしている神経ですが、この自律神経の乱れがストレスになって、様々な症状が出ると考えられています。

梅雨の季節は低気圧が日本列島を横断するため気圧が低下します。

同じく、台風は大型の低気圧なので、台風が接近すると気圧が低下。

気象病の症状がこれらの時期に集中するのはそのためです。

気圧の低下により、人体の押される力が減り、血管が拡張しやすくなることも一因とも言われています。

気象病の対処法・予防法は?

自律神経の「感じやすさ」は、その人の持ってうまれたもののため、残念ながら気象病を根本から治す方法はありません。

しかし症状を和らげるために、日常から取り組めることがあります。

自律神経のバランスを整える

自律神経を整えるには、

  1. 規則正しい生活
  2. 十分な睡眠
  3. 適度な運動
  4. バランスのとれた食事
  5. 夜、ぬるめの湯舟につかる(副交感神経を優位にする)

天気と体調を日記に記録

最近は、気圧や天候の急な変化を知らせてくれるアプリや、週間天気など、気象病の発生リスクを教えてくれる天気予測サイトがたくさんあります。

スマートホンを活用し、体調管理に役立てましょう。

頭痛などの症状があらわれた時に日記をつけておくと、どのような天気の時に痛みが出たのか傾向を知ることができます。

耳のマッサージ

両耳をつまんで、上下左右にひっぱったり、ゆっくり5回ほど回してマッサージしてみましょう。

マスクをする時間も多くなってきているため、耳やその周辺に負担がかかっていると思います。

リラックスしたいとき、休憩時間などに耳のマッサージを取り入れてみてください。

まとめ

天候の変動から、体調不良を抱えている人は、思いのほか多いようです。

最近は、地球温暖化の影響で、大型台風やゲリラ豪雨、猛暑など異常気象が起こりやすくなってきています。

今後ますます、気候の変化が健康に大きな影響をおよぼすと考えられます。

体調と天気、うまく付き合っていく必要がありますね。

 

restart_banner


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-お役立ち記事, こんな症状ありませんか?…メンタルヘルス解説, 精神疾患まとめ, 精神疾患関係, 自律神経
-, ,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2021 All Rights Reserved.