お役立ち記事 精神疾患関係

知的障害に多い3つの合併症~早めの対応が大事!~

更新日:


今回は知的障害との合併症についてまとめてみました!
前回の記事⇒ 幼児期や学童期に発覚することが多い!~知的障害特徴まとめ~
幼児期や学童期に発覚することが多い!~知的障害の原因は・・・?~
軽度知的障害の方が大人になってから困ること~実は知的障害だった~
関連記事⇒ 知的障害とは違う、学習障害(LD)の特徴・症状・経過まとめ
知的障害とは違う、学習障害(LD)の特徴・症状・経過まとめ②
知的障害と学習障害(LD)の違いとチェックリスト③

 

知的障害との合併症

知的障害は他の疾患と一緒に起こる場合もあります。
主に、

  1. てんかん
  2. 脳性まひ
  3. 二次障害

の3つが挙げられます。

てんかん

てんかんとはてんかん発作を繰り返す脳の病気のことです。
てんかん発作が起こると突然意識を失ってしまったりします。
その症状や原因は人によって様々ですが、1000人に約5人患者さんがいると言われています。
てんかんは誰でもかかりうる病気で決して珍しいものではありません。

知的障害の等級が重くなるにつれて、てんかんとの合併率も高くなります。
重度知的障害で約50%、中度で約40%、軽度で約10%と言われています。

脳性まひ

脳性まひとは、妊娠中から生後4週間の赤ちゃんに起こった脳の損傷のことです。
出生前、出生後に受けた脳のダメージが原因で運動障害が起こります。
それが原因で運動がまひしてしまい、ハイハイなどの遅れが見られます。

脳性まひとてんかん、知的障害の3つを合併することもあります。

二次障害

知的障害の方に多い二次障害として、うつ病や不安障害などがあります。
ニガテなことを注意されたり、叱られたりすることで自己肯定感が下がり、うつ病になってしまうこともあります。

二次障害を防ぐためにも、早目に障害に気づき、対応、サポートをすることが大切になります。

知的障害の治療法は?

現在、知的障害に対しての直接的な治療法は確立されていません。

しかし、早目の対応やサポートによって改善することができると言われています。
例えば、本人にとっていい環境を選んだり、本人にあったサポートを受けられるような学校を選んだりすれば、生きづらさを感じることも少なく、成長を促すことができるかもしれません。

知的障害の疑いを感じたら・・・

知的障害の原因は様々で、原因がわからないという方も多くいます。
軽度知的障害の方は、その症状が軽度のため大人になって初めて障害だと気が付いた方も少なくありません。

軽度知的障害の方が大人になってから困ること~実は知的障害だった~

そのため子どものころは常に生きづらさを感じ、つらい思いをしていた方も多くいると思います。
早目に気付くことができるように子どもの行動など注意して見てみましょう。

知的障害かもと思われた場合は、専門機関での診断をおすすめします。
専門機関とは、子どもの場合、各市区町村の保健センター、子育て支援センターなど、大人の場合は生活支援センター、相談支援事業所を指します。


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。

-お役立ち記事, 精神疾患関係
-,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2017 All Rights Reserved.