お役立ち記事 精神疾患関係

社交辞令が理解できない。発達障害の人がニガテな本音と建前について【大人の発達障害】

投稿日:

編集部なかの人
社交辞令って難しいよね。
うん。難しいけど、相手を悪い気にさせないためのマナー的なところもあるよね。
編集部なかの人2

発達障害の人は、言葉をそのままの意味で捉えたり、思ったことを全て正直に伝えてしまうところがあるので、社交辞令がニガテな人も多いと思います。

そこで、今回は社会人として必要な社交辞令についてまとめてみました。

そもそも社交辞令ってなに?

社交辞令とは・・・

社交辞令とは、人付き合いや物事をスムーズに進めるために発言した方がいいと思われる挨拶や褒め言葉のことです。

編集部なかの人
人間関係をスムーズにするためにわきまえておきたい大人の心得とも言えそうだね。

発達障害の人の中には、思ったことをそのまま言ってしまう、嘘がつけないという人もいます。

本人に悪気はないのですが、相手を傷つけてしまったり、場の空気を壊してしまったりすることも。

正直であることはとてもいいことですが、相手を傷つけないための「社交辞令」も使い分けられるようになると、より人間関係をスムーズにすることができます。

例えば、お菓子をもらったとき

相手「よかったら食べてください。」

私「これ嫌いなのでいらないです。」

編集部なかの人2
せっかく相手が持ってきてくれたものに対して「嫌い」「いらない」というのは失礼ですよね。

例えそのお菓子が好きではなくても、「ありがとうございます」と相手に感謝の気持ちを示してお菓子をいただくか、断る場合でも言い方に気を付けましょう。

断る場合でも最初に相手への感謝を表して「ありがとうございます」を伝えましょう。

「ありがとうございます。でも、甘いものは得意ではないので・・・」などと伝えれば相手も悪い気持ちはしないはず。

少なくとも直接「嫌い」「いらない」と言うのは避けましょう。

相手は自分が悪いことをしたように感じてしまうかもしれないからです。

容姿に関することへのコメントは避ける

自分の容姿を気にしている人は少なくありません。

コンプレックスに感じている人もいます。

相手が太ったことを気にしているのに「太ったね」とはっきり言ってしまうのはとても失礼です。

容姿に対するコメントは極力避けましょう。

なんで正直に答えては駄目なのか?と感じるかもしれませんが、社会や仕事でうまくやっていくために社交辞令は必要なものです。

社交辞令は礼儀と同じようなもので、相手への気配りや敬意を示すことです。

仕事上、相手やお客様に好感を持ってもらうことは大切で、それがあなたの成績や成果にも繋がってくるのです。

社会人となった以上、社交辞令もマナーのひとつとして少しずつ覚えていきましょう。

周りの人や先輩の対応の仕方なども参考にしてみるといいかもしれません。

まとめ

慣れないうちは社交辞令は難しく感じるかもしれませんが、社会人として必要なマナーのひとつと覚えていきましょう。

また、思ったことを正直に伝えてしまう人は、悪気がなくても相手を傷つけているかもしれません。

発言する前に少し考える時間を作り、否定的な言葉はなるべく避けるようにしましょう。


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-お役立ち記事, 精神疾患関係
-, , , , , , ,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.