お役立ち記事 法律・制度関連 精神疾患関係

精神疾患・発達障害を持っている方が就職する前に身につけておくべき3つのスキル

投稿日:

これをやれば絶対就職できる、というものはありませんが、社会人になるために準備しておくべきことはあります。
精神疾患を持っている方は、体調に左右されやすいと思いますが、まずは、基本的なことから取り組み、少しずつ就職活動に備えていきましょう。

社会人として、自立するためにはどうしたらいい?

社会人として自立した生活を送るためには、生活面、精神面、経済面で自立しているということが望まれます。
「経済面での自立」とは、仕事につき、収入を得て、税金を納めることです。
自分の収入だけで、生活ができることが最終的なゴールになります。
「生活面での自立」とは、身の回りのことを自分ひとりでこなせることです。
起床、身づくろい、食事の支度、掃除、洗濯、買い物など、誰かに頼るのではなく、全て自分でこなせることが必要になります。
「精神面での自立」とは、問題に対して自分で解決できるということです。

まずは、社会人として基本的な3つのスキルを身に着けよう!

1.生活スキル

仕事の能力の前に、毎日の基本的な生活が出来ているかが大切になります。
精神疾患を持っている方は、生活リズムが整っていない方もいるかもしれません。
まずは、生活リズムを整えましょう。
規則正しい生活ができるか、定時に起きることができるか、身だしなみがきちんとできているかなど、自立していくために必要になります。

編集部なかの人
仕事をするとなると、遅刻しないように出社しなくてはいけないから、決まった時間に起きるということは基本的なことだけれど、とても大切なことだよ。

2.仕事のスキル

パソコンのスキルなどは必ず必要というわけではありませんが、ある程度のことができると就職に有利と考えられます。
基本的なパソコンの操作、事務系の仕事を考えている場合はワードやエクセルにも慣れておくといいでしょう。
また、電話対応はどの職場においても必要になってくると思うので、覚えておくといいでしょう。

3.ビジネスマナー

最低限のビジネスマナ-として、挨拶、敬語があります。
精神疾患を持っている人の中には、自分から話しかけるのがニガテという人もいるかと思いますが、挨拶や敬語はとても大事なことです。
今のうちに意識しておきましょう。

第一印象はとても大切なので、挨拶・敬語は普段からできるようにしておこう。
編集部なかの人

まとめ

就職したいけど、何から始めていいのかわからない・・・という方も、まずは基本的な生活スキルが必要になります。
家に引きこもりがちな方や、昼夜逆転生活になっている方、生活リズムが乱れている方は、まず生活リズムを整えるところから始めてみましょう。


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-お役立ち記事, 法律・制度関連, 精神疾患関係
-, , , , , ,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.