お役立ち記事 法律・制度関連 精神疾患関係

精神障害者手帳とはどんなもの?持っていると様々な支援が受けられる!

投稿日:

精神障害者手帳の取得に抵抗があったり、取ろうかどうか迷っている方もいるのではないでしょうか?

そもそも精神障害者手帳とはどういったもの?

取ることで何かいいことはあるの?

…今回はそんな精神障害者手帳についてまとめてみました!

精神障害者手帳とは・・・

正式には精神障害者保健福祉手帳と言います。

精神障害があることを証明するものです。

手帳があることで、様々な支援を受けることが出来ます。
編集部なかの人

どんな人が対象になるの?

精神疾患があり、日常生活などに支障が出てきてしまう方です。

精神疾患による病院の初診から6か月以上経過している方が対象となります。
主な精神疾患とし以下のものがあげられます。

  • 統合失調症
  • うつ病
  • 発達障害
  • てんかん
  • 依存症
  • 高次機能障害 など

手帳に有効期限はあるの?

手帳には有効期限があり、公布日から2年ごとに更新になります。

更新には医師の診断書が必要になります。

その診断書に基づいて等級が決められます。

等級とは?

精神障害者手帳には、重い順に1級、2級、3級という等級が付けられています。

等級によって、受けられるサービスも異なってきます。

編集部なかの人2
大体の目安をあげてみました!

1級

日常生活において、周りの人の助けがないと困難な状況が多くあります。

些細なことで症状が悪化しやすくあります。

親しい人との交流も乏しく、引きこもりがちです。

2級

社会的な対人交流は乏しくありますが、一人で外出できるため、引きこもりがちではありません。

就労移行支援事業所や作業所などに通い、活動することが出来ます。

ストレスを感じる場面に直面した場合は自分で対処するのに困難なことがあります。

3級

対人交流は乏しくなく、引きこもりもあまりみられません。

他の人の行動にも合わせることができます。

普通のストレスでは症状が悪化しにくいのですが、大きなストレスに直面すると一人で対処するのは難しいことがあります。

障害者手帳で割引を受けられる!

障害者手帳を持っていることで、様々な支援を受けることが出来ます。

編集部なかの人
手帳の等級や地域によって異なってくるので注意してください。
  • 公共料金の割引・減免
  • 公共交通機関の割引・減免
  • 携帯電話の割引
  • 遊園地・プール・映画館などの割引 など

まとめ

精神障害者手帳には、症状の重さに応じて等級が分けられており、手帳を持っていることで、様々な支援をうけることができます。

手帳の取得に悩まれる方もいるかもしれませんが、あまりデメリットもないため、手帳取得を前向きに考えてみてもいいかもしれません。


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-お役立ち記事, 法律・制度関連, 精神疾患関係
-, , , ,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.