お役立ち記事

約90%が女性!?摂食障害とは?〜なりやすい人・治療法まとめ〜

更新日:

今回は、若い世代の女性がなりやすいと言われている摂食障害についてまとめていきます。

そもそも摂食障害とは?

摂食障害は、以下のような症状を総称した障害名です。

拒食症

拒食症は、精神的なストレスやダイエットが原因となって発症する場合がほとんどの病気です。
自己肯定ができないために「痩せないと周囲から認めてもらえない」という気持ちから、ダイエットをし、最初は体重が落ちていくのが楽しいと感じます。
しかし次第にエスカレートしてしまい、「周りが痩せすぎだ」と言っても、本人は「もっともっと痩せなくては」と強迫的に考えるようになってしまいます。
そして食べることに対して罪悪感を抱くようになり、やがて体が食べ物を受け付けなくなって「食べたくても食べられない」状況に。
最悪の場合、死に至ります。死亡率10%とかなり危険な病気です。

過食症

過食症は、拒食症とは逆に、ストレスや環境変化により、たくさん食べすぎてしまう病気です。
食べている間は自分をコントロールすることができません。
「ひたすら食べ続けてしまう場合」と「食べては嘔吐を繰り返す場合」があります。
「ひたすら食べ続けてしまう場合」はカロリー過多で肥満になり、周りが気付くことができますが、「食べては嘔吐を繰り返す場合」は見た目からはわかりにくいため、周りから気づかれないこともあります。

これらのことを摂食障害と言います。
主に、自己嫌悪や抑うつとの関係が深いと考えられています。
患者の多くが10代から20代で、全体の90%が女性です。しかし、最近では男性の摂食障害も増えているという指摘があります。

摂食障害になるきっかけは?

一見、ご飯を食べれば解決しそうに思える摂食障害ですが、実はそんなに単純ではありません。摂食障害になってしまう人のきっかけは様々ですが、主な事例を挙げてみました。

過度なダイエット

摂食障害になる人の中で一番多いと言われる原因がダイエットです。
“患者の多くが10代から20代で、全体の90%が女性”からもわかるように、思春期の女性には「痩せてきれいになりたい」という願望を持っている人が多くいます。
そのため、過度なダイエットをしてしまうケースが多いのです。「自分は太っている」というコンプレックスがあるため、周囲に痩せすぎていると言われても本人は危機感をあまり感じず、症状が悪化してしまうということも少なくありません。

精神的なストレス

体型などのコンプレックスや、職場や学校の人間関係、家庭環境などのストレスが原因で摂食障害になってしまうケースも少なくありません。
過労や、親からのプレッシャーなども原因と考えられます。そのため、ストレスをうまく解消できなかったり、上司や親に言われたとおりにできるように頑張ってしまう、真面目な性格の人が陥りやすいという傾向にあります。

愛情が足りない

家庭環境や小さなころの経験から摂食障害を引き起こすこともあります。
両親が厳しかったり、特に母親との関係が大きく関わっているようです。
自尊心が育たないまま思春期を迎えてしまったり、両親からの強いプレッシャーで摂食障害になることもあります。「最近太ったんじゃない?」というような家族の何気ない一言が原因になることも。

摂食障害になりやすい人はどんな人?

完璧主義な人

「自分はこうでなければいけない」という考えが強いため、自分をどんどん追い詰めていってしまいます。

自分に自信がない人

コンプレックスを持っていたり、自分に自信がないため、まわりの意見に振り回されたり、自分の意志で物事を決めることができません。
しかし普段はいい子を演じていることが多いため、周りが気付かぬうちに症状が悪化していることも少なくありません。

ストレスをうまく解消できない人

ストレスが原因で摂食障害になることが多いため、うまくストレスを解消できない人は、そのつらい気持ちから過食に走りやすくなります。

摂食障害の治療には周りの人の支えが大切

摂食障害の症状が身近にいる場合、本人がちゃんと治療を続けられるように、家族や友人など周りの人が支えが必要です。
具体的には以下の方法が有効と言われています。

カウンセリング

摂食障害は、ストレスや「痩せたい」という強い願望など、複数の要因によって摂食障害を引き起こすこともあります。
そのため、まず、自分の置かれている状況を理解し、心理的要因は何なのかを把握することが大切になります。
カウンセリングは心療内科や精神科などで受けられます。メンタルクリニックや民間のカウンセリング施設に相談する方法もあります。

薬物療法

向精神薬を使う治療法です。
例えば、摂食障害による感情の激しい揺れや衝動的な行動を和らげる働きのある「抗精神病薬」を飲むなど、それぞれの症状を和らげることはできますが、あくまで対症療法であるため完治はしません。

対人関係療法

親や兄弟、パートナーなど、自分に大きな影響を与える人と、「今の関係」に焦点をあてることで問題を解決していきます。私たちの感じるストレスの多くは対人関係によるものです。
治療にあたっては一定のペースで通院を続け、12~16回ほどが目安とされています。

入院治療

特に拒食症の場合、命の危険もあるため入院して治療することも時には必要になります。
体が衰弱し、栄養失調や嘔吐・下痢、脱水症状から引き起こされる腎不全など、様々な合併症が考えられるため、病院に入院して心と体を根本から治療していきます。
自傷行為を繰り返す場合は、精神病院に入院するケースもあります。

行動療法

今までの誤った生活をやめ、標準体重まで戻すためにトレーニングを行います。
最初は少ない量で食事を1日3回に分けて食べるところからスタートします。
その時決められたもの以外を食べないようにと行動が制限されるため、主に病院で入院中に行われます。
体重が目標に達したら徐々に食事の量を増やしていき、行動範囲も広げ、通常の食生活に戻していきます。治療中は精神的にも肉体的にもつらいので、医師や家族の支えが必要です。

家族療法

病気の原因に家族が関わっている場合、家族関係を解決しない限り、治療は進みません。
愛情を感じられずに成長した、両親の不仲、過保護、過干渉などが原因の場合、家族で話し合って解決していかなければなりません。

集団療法

集団療法では、摂食障害の患者同士が交流し、話し合うことで心理的な改善を目指していきます。
摂食障害を持つ人は一人で悩んでしまうこともあります。そのため、同じ悩みを持つ者同士で情報交換をしたりすることで、「ツラいのは自分だけじゃない」と、前向きになることができます。


このように、摂食障害は人によって様々な原因があるため、その原因に合わせた治療を行い徐々に改善して行く必要があります。
そのためには、出来るだけ周りの人が支えてあげること、自分がなってしまった場合は周りの人に相談するところから初めて自分に合った治療をしていく事が大事です。


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。

-お役立ち記事
-

Copyright© 障害者就職ナビ , 2017 All Rights Reserved.