お役立ち記事 精神疾患関係

薬を使わない!今日から始められる不眠症改善5つの方法

投稿日:

前回の記事⇒どうして眠れないの?原因はいったい何?【不眠症】

今回は薬を使わずにできる不眠症改善方法4つをまとめてみました!

当てはまるものがあれば今日から実践してみましょう!

生活リズムが基本!

睡眠をしっかり確保できないと疲れが取れないだけではなく、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクもあがってしまいます。
また、不眠によって心の病を患うこともあります。
十分な睡眠をとることはとても大切なことです。

そのためにも、

  • 規則正しい生活をする
  • 朝、起きたら朝日を浴びる
  • 一日3食バランスよく摂る
  • 適度な運動をする
  • 毎日決まった時間に寝る

など、日常でできることをすこし意識してみましょう。

いくら眠りたくても、疲れていなければ眠れないね。
編集部なかの人

疲れているのに眠れない場合は、心の病かもしれません。
実際にうつ病などの精神疾患を患っている人は、不眠症であることが多く、逆に不眠症の人はうつ病にかかりやすいと言われています。

カフェインに要注意!


「コーヒーを寝る前に飲むと眠れなくなる」と聞いたことがあると思います。
コーヒー1杯に約100mgのカフェインが含まれています。
コーヒーを飲んで30分後くらいにはカフェインの覚醒作用で頭が冴えてくるはずです。

なぜ、頭が冴えてくるかというと・・・

カフェインには、交感神経を刺激する作用があります。
そのため、血液中のアドレナリン増加し、血糖値、脈拍、血圧が上昇します。
それにより、眠りにつけなくなってしまうのです。

編集部なかの人2
寝る前には飲まないように注意していれば大丈夫じゃないの?
実は、カフェインの覚醒作用は、個人差はあるけど、8~14時間も続くそうだよ!
編集部なかの人
編集部なかの人2
ええ、じゃあ24時に寝るとしたら、朝飲んだコーヒーのせいで眠れないってことも!?
その可能性もあるね。

他にも、紅茶、コーラ、チョコレート、栄養ドリンクなどにもカフェインは含まれているよ!

編集部なかの人

個人差がありますが、「朝だけ」や「牛乳をたっぷり入れてカフェオレにする」など工夫してみましょう。

寝だめは×!

「休日にたくさん寝て寝だめしよう~」と考えている人もいるかもしれませんが、寝だめは効果がありません。
睡眠というものはためておけるものではないからです。

逆に生活リズムが崩れてしまい、不眠症を悪化させるおそれがあります。

眠くなってからベッドに!

「早く眠らなきゃ!」といって眠くもないのにベッドに入っていませんか?
「早く眠らなきゃ!」という思いが逆にストレスになってしまい、眠れないという状況を作ってしまいます。
眠くなってからベッドに入るようすることをおすすめしますが、起きる時間は変えないのがポイントです。

睡眠日記を付ける!

「全然眠れなかった~」と思っていても、睡眠時間を計算してみると、実際は6時間も眠れていたということもあると思います。

そのため、就寝時間、起床時間、その日の調子など毎日日記につけて、自分の状態を後から見直してみましょう。

治療の経過を客観的に見直すことで、治療がうまくいっていると、自分の自信にも繋がります。

まとめ

以上、普段から意識できる4つのポイントでした。

これらのことに少し気を付けるだけでも改善できると思います。

「寝なくちゃ」と考えれば考えるほど、ストレスになり不眠に繋がってしまいます。

「眠ること」にとらわれ過ぎないようにしてくださいね!


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。

-お役立ち記事, 精神疾患関係
-,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2017 All Rights Reserved.