お役立ち記事 精神疾患関係

言葉や運動に遅れが見られるトリプルX症候群とは?【トリプルX症候群の4つの特徴と原因・治療法まとめ】

投稿日:

“トリプルX症候群”というのを聞いたことがありますか?

“トリプルX症候群”とは女の子にのみ発症するものです。

何かしらの染色体の異常によって、言葉や運動機能に遅れが見られます。

今回は“トリプルX症候群”について詳しく見ていきましょう!

トリプルX症候群とは・・・

トリプルX症候群とは、女性だけに見られる染色体異常のことで、言葉や運動、発育に遅れが見られます。

女性の場合、性染色体はXXですが、なんらかの異常により、性染色体がXXXと1本多くなります。

女性の約1000人に1人の割合で生まれるといわれます。

母親の高齢出産の場合、トリプルX症候群の女児が生まれる可能性が高くなるようです。

トリプルX症候群の4つの特徴

出生時は特に他の赤ちゃんと変わりはありません。

トリプルX症候群の女児は、トリプルX症候群でない女児の平均体重よりわずかに軽く、身長も2~3センチ高い傾向にあります。

成長してからも、手足が長く、細身の方が多いようです。

また、トリプルX症候群の方は、言語障害や学習障害を持っていることが多く、まれに知的障害を持っていることもあるようです。

詳しくみていこう!
編集部なかの人

1.おとなしい性格の子が多い

比較的おとなしめで、消極的な性格の子が多いようです。

2.言葉の遅れがある

言葉を話すようになるのが他の子より遅いことがありますが、多くの場合は特別な治療が必要と言うほどではありません。

3.運動・発育の遅れが見られる

運動面においても遅れが見られますが、積極的に運動やグループ活動に参加することで、遅れを補うことはできます。

4.感情の発達に遅れが見られる

おとなしい性格からか、感情の発達にも遅れが見られるようです。

これに関しては早めに自立を促したり、過保護を回避することが大切です。

トリプルX症候群の原因は?

人の性別は性染色体によって決まります。

女の子の場合、母親と父親のX染色体が対になり、(XX)になります。

男の子の場合は、母親のX染色体と、父親のY染色体で対になり、(XY)になります。

ですが、トリプルX症候群の場合、何かしらの異常によって染色体Xの数が通常より多いXXXなってしまうのです。

ごくまれにXXXX、XXXXXになることもあります。

トリプルX症候群の治療法は?

トリプルX症候群を直接治療する方法は今のところありませんが、基本的にトリプルX症候群に対して治療は必要ありません。

ですが、例えば、運動の遅れに対しては、親子で積極的に運動に参加するようにするなど、サポートをすることは効果的です。

人によって症状は様々ですが、多くの方は健康な人と変わらない生活を送っています。
特別な支援が必要になることがあっても、一時的なことが多いようです。

トリプルX症候群のまとめ

トリプルX症候群の方は、健康な方に比べ言葉、運動、感情の発達に遅れが見られますが、多くの方は健康な方と変わらずに生活をしています。

トリプルX症候群への直接的な治療法はありませんが、早めの対応で遅れを補うことができます。


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。

-お役立ち記事, 精神疾患関係
-, , ,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2017 All Rights Reserved.