お役立ち記事 病気系診断 精神疾患関係

誰でもなりうる・・?パニック障害チェックしてみよう!

更新日:


あてはまる症状をチェックしてください

1.心臓がドキドキする(動悸・心拍数の増加)
2.汗が出る
3.からだが震える
4.息切れがしたり、息苦しさがある
5.のどに何かつまったような窒息感がある
6.胸の痛み、胸のあたりの不快感がある
7.吐き気、おなかのあたりの不快感がある
8.めまい、ふらつく感じ、気が遠くなる感じがする
9.今、起こっていることが現実でないような感じ、自分が自分でないような感じ(離人症状)がする
10.コントロールを失うこと、または気が狂ってしまうのではないかという恐れがある
11.このまま死んでしまうのではないかという恐れがある
12.からだの一部がジンジン、ビリビリとしびれる感じがする
13寒気がする、または熱っぽく感じる

あなたの合計点数は です。この点数の結果は・・・

パニック障害の可能性が低い点数です。
パニック障害の可能性がある点数です。

パニック障害の診断は問診が中心になり、アメリカで考え出された基準がよく使用されます。
※参考:高橋三郎ほか:DSM-IV-TR 精神疾患の分類と診断の手引 新訂版 医学書院 171, 2003
 この基準は13のチェック項目があり、4つ以上当てはまるとパニック障害の可能性があるとされています。

チェックリストや診断はあくまで参考に!

どうでしたでしょうか?今回は合計スコアが4点以上だった場合にパニック障害の可能性がある点数としてあります。

しかし、結果などはあくまで参考程度に考えて、もしも気になる事があればお近くのメンタルクリニックなどで相談されるといいかもしれませんね。


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。

-お役立ち記事, 病気系診断, 精神疾患関係
-,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2017 All Rights Reserved.