お役立ち記事 精神疾患関係

長期の仕事はどうしてもやる気がでない。先延ばし傾向のあるADHDの人はまずは小さなゴールを作るべき【大人の発達障害】

投稿日:

長期にわたるプロジェクトを任されたのに、なかなかやる気が出ない。

そして、なぜか書類の整理などを始めてしまう・・・。

「そろそろ取り組まなきゃ」とわかってはいるものの、頭が働かない・・・。

そんなこと、ありませんか?

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の人は、特にこの傾向があるようです。

編集部なかの人
どうしたらやる気がでるかな?

長期にわたる仕事がニガテな理由

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の人は、物事を先延ばしにしてしまう傾向があるようです。

この傾向は、より長期的で、大がかりなものほど出やすくなります。

というのも、ADHDの人は、段取りをつけて物事を進めるということがニガテです。

そのため、仕事がより長期的で、より大がかりなものになればなるほど、行動のイメージが出来なく、何も出来なくなってしまうようです。

また、ASD(自閉症スペクトラム)の人も、仕事を細かくわけるということがニガテです。

ASDの人の場合は、相談することもニガテであるため、さらに自分が大変になってしまいます。

ADHDの人が長期の仕事に取り組もうと思うとやる気がでなかったり、眠くなってしまうのは、そのことに興味を持てないからです。

ADHDの人は段取りを付けられないため、具体的なイメージを持てず、結果的に興味が持てなくなってしまいます。

興味が持てないため「まだまだ期限もあるし大丈夫」と、期日まで余裕があるとやる気がわかず、先延ばしにしてしまうのです。

ですが、締め切り間近になると、常人以上の集中力を発揮することもあります。

この経験が、「自分は本気を出せばできるんだ」という思い込みを作ってしまい、先延ばし癖をより強くしてしまうのです。

編集部なかの人2
では、この状況から抜け出すためにはどうしたらいいかな?

締め切りを自分で設定し、周りに公言する

先延ばしを癖づけないために、追い詰められたほうがパワーを発揮できるなら、自分で早目の締め切りを設定し、周りに公言してしまいましょう。

その新たな締め切りに間に合わせるためにも、小さなゴールをいくつか設定していきましょう。

1.今すぐにやるべきことを1つ決める

全体の計画を立てなくても大丈夫です。

資料を読む、企画書を作るなど、まずは、今すぐやるべきことを1つ選んでみましょう。

2.今すぐやるべきことの締め切りを設定する

自分がそのことだけに集中して取り組むなら、どれくらいで達成できそうですか?

1週間以上かかってしまうようなら、さらにその作業を細かく分けて締め切りを設定する必要があります。

また、なるべく休日ははさまないようにしましょう。

休日をはさむと、「いざとなったら休日にやればいいだろう」と考えてしまい、危機感を感じなくなってしまう恐れがあるからです。

3.周りに公言する

上司や顧客に連絡を取り、「○月○日のご都合のいい日時に、お時間いただけますでしょうか?」などと、約束をしてしまえば、先延ばしも回避できます。

まとめ

長期にわたる仕事となると、活動のイメージが付かず、どうしても先延ばしになってしまいがちです。

ADHDの人は特にこの傾向がみられるため、小さな目標をもってそれを少しずつ達成していくということが大切になります。

また、危機感を感じるまで動けないという人は、自分で締め切りを決めてしまい、周りに公言しましょう。

その方が自分の力を発揮できるはずです。


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-お役立ち記事, 精神疾患関係
-, , , , , ,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2017 All Rights Reserved.