お役立ち記事 法律・制度関連 精神疾患関係

障害年金を受けるための条件①~初診日の証明~

投稿日:

前回は、「障害年金を受けるための条件」について4つ確認ました。

前回の記事↓

障害年金を受けるための条件

前回は、「障害年金は、どのような状態になるともらえるか」についてまとめました。 前回の記事↓   今回は、障害年金を「受けるための条件」を確認していきます。 障害がもらえる状態であるだけでも ...

続きを見る

 

今回は、その中の1つ目、「初診日を証明できること」について見ていきます!

障害年金の申請で最初に当たる壁が初診日の証明となります。

 

初診日の証明はどうやってするの?

前回の復習となりますが、「初診日」とは、その病気・ケガで医師に初めて診察してもらった日を言います。

では、どうやって初診日の証明をするのでしょうか?

原則として、初診日の証明は、自分で記載するものではありません。

 

客観的な証明をするために、医師等に、書類に記入して証明をしてもらう必要があります。

通常、カルテを医師が確認して、初診日を証明してもらう形になります。

 

カルテって病院に残っているの?

初診日が何年も前にある場合、自分のカルテは残っているの?と不思議になりますよね。

実際に、カルテがないということが大きな壁になっていらっしゃる方が多いのも事実です。

 

しかし、医師法でカルテの保存期間は、最終の受診日から5年間と定められているので、病院側は5年間保存する義務があるのです。

初診日の病院が廃業になってカルテが残っていない場合「第三者による証明」など他にも方法があります。複雑な話になるので、ここでは割愛します。

まとめ

今回のまとめは、「初診日」を証明するのは、初めて行った病院が大切ということです!

また、病院側のカルテの保存期間5年と定められているということです。

次回は、②の「初診日に年金制度に加入していること」の詳細について見ていきます!


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-お役立ち記事, 法律・制度関連, 精神疾患関係
-,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2019 All Rights Reserved.