お役立ち記事 法律・制度関連 精神疾患関係

障害年金を受けるための条件振り返り・ポイント

投稿日:

おはようございます!

前回は、「認定日の症状が障害年金を受ける基準にあること」について確認ました。

前回の記事↓

障害年金を受けるための条件④~認定日の症状が障害年金を受ける基準にあること~

おはようございます! 前回は、「年金保険料の納付状況が一定以上であること」について確認ました。 前回の記事↓   今回は、障害年金を受給するための条件の4つ目、「認定日の症状が障害年金を受け ...

続きを見る

 

今回は、障害年金を受給するための条件の振り返り、そしてポイントについて見ていきます!

普段からどういうことを意識して行動しておけば良いのか、その当たりをみていきます。

障害年金を受給するための条件の振り返り

障害年金を受けるためには、下記4つの条件がありました。

①「初診日」を証明できること

②「初診日」に年金制度に加入していること

③年金保険料の納付状況が一定以上であること

④「障害認定日」の症状が障害年金を受ける基準にあること

 

それぞれの詳細については、過去の記事について参照してみてください!

①↓

障害年金を受けるための条件①~初診日の証明~

前回は、「障害年金を受けるための条件」について4つ確認ました。 前回の記事↓   今回は、その中の1つ目、「初診日を証明できること」について見ていきます! 障害年金の申請で最初に当たる壁が初 ...

続きを見る

②↓

障害年金を受けるための条件②~初診日に年金制度に加入している~

前回は、「初診日の証明」について確認ました。 前回の記事↓   今回は、障害年金を受給するための条件の2つ目、 「初診日に年金制度に加入している」について見ていきます! 『年金制度に加入して ...

続きを見る

③↓

障害年金を受けるための条件③~年金保険料の納付状況が一定以上であること~

こんにちは! 前回は、「初診日に年金制度に加入していること」について確認ました。 前回の記事↓   今回は、障害年金を受給するための条件の3つ目、「年金保険料の納付状況が一定以上であること」 ...

続きを見る

④↓

障害年金を受けるための条件④~認定日の症状が障害年金を受ける基準にあること~

おはようございます! 前回は、「年金保険料の納付状況が一定以上であること」について確認ました。 前回の記事↓   今回は、障害年金を受給するための条件の4つ目、「認定日の症状が障害年金を受け ...

続きを見る

ポイント

ポイントとしてまとめると、下記のことが挙げられます。

 

初診日の確定が重要

年金の納付状況を確認しておく

年金の未納状態をできるだけ減らしておく

免除・猶予手続きをすることでも大丈夫です

 

まとめ

上記のポイントを日ごろから意識しておくことで、

いざ自分が病気や障害状態になった時に障害年金という選択肢があることは、大きなセーフティネットですよね。

自分を守るため、また周りを守るためにも、参考にして頂ければ幸いです!


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-お役立ち記事, 法律・制度関連, 精神疾患関係
-,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2019 All Rights Reserved.