お役立ち記事 法律・制度関連 精神疾患関係

障害年金~「初診日の病院で証明がもらえなかった時」~

投稿日:

おはようございます!

前回は、「病歴・就労状況等申立書を記載する上での注意点」について確認しました。

前回の記事↓

障害年金~「病歴・就労状況等申立書を記載する上での注意点」~

おはようございます! 前回は、「診断書を書いてもらう上での注意点」について確認しました。 前回の記事↓   今回は、「病歴・就労状況等申立書を記載する上での注意点」について見ていきます。 & ...

続きを見る

 

今回は、「初診日の病院で証明がもらえなかった時」について見ていきます。

 

初診日に関しては、基本的には初めてその病気や障害に関して通院した病院で書いてもらいます。ただ、カルテの保存期限は5年なので、その期限を過ぎていて診断書が無い場合や、病院自体がなくなってしまった時も実際にあります。

その時に利用できる方法は、大きく2つあります。

2番目以降の病院で証明(受信状況等証明書)をしてもらうこと

「第三者証明」してもらうこと

2番目以降の病院で証明をしてもらう

1番目の病院で証明がもらえない場合、2番目以降の病院で証明をしてもらうことになります。2番目以降の病院で、1番目の病院等で作成された紹介状があるときは、それのみで証明になります。

 

2番目以降の病院で、紹介状がなく、正確な初診日がわからなくても、大まかな発症日や原因の記述があれば大丈夫です。

 

1番目で証明がとれなかったとしても、諦めなければ証明をすることも可能ということです!

「第三者証明」とは?

病歴などで初診日の証明が取れない場合は、第三者による証明が認められるようになりました。

第三者とは、医師や本人、近しい親族以外(三親等以外の親族)で、客観的に証明をしてくれる人のことを言います。例えば、病院長、施設長、事業主、民生委員などです。

 

第三者に、初診日の頃の様子をできるだけ具体的に記載してもらえれば、初診日の証明になるということです。

 

原則として、第三者による証明は2枚以上必要となります。

また、第三者による証明と、客観性が認められる参考資料(診察券など)をあわせて提出することも可能です。

まとめ

まとめとして、

1番目の病院で証明がもらえない場合、2番目以降の病院で証明をしてもらうことも可能ということです。

 

そして、「第三者証明」という医師以外の方に初診日を証明してもらう方法もあるということです。

 

初診日の証明につまづくと、障害年金の申請は難しくなってきます。

ただ、色々と方法があることを知っておきましょう!


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-お役立ち記事, 法律・制度関連, 精神疾患関係
-,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2019 All Rights Reserved.