就労継続支援A型事業所

就労継続支援A型事業所とは?

就労継続支援A型事業所とは、一般企業に就職が困難な障害をお持ちの方と「雇用契約を結びながら」就労の機会を提供し、また生産活動やその他活動などを通じて、能力や知識の向上の為に必要な訓練を行う事業所です。

就労移行支援事業所との一番の違いは、利用者に対する「就労機会の提供の有無」であり、特に就労継続支援A型事業所では利用者と雇用契約を結ぶところが最大の特徴となります。

お給料は?福利厚生は?

就労継続支援A型事業所では、利用者と雇用契約を結びますので、各都道府県の最低賃金が給料として保証されます。
雇用契約を結びますので当然、福利厚生として労働保険(労災保険・雇用保険)と健康保険・厚生年金などの社会保険も加入する事が可能です。そのため、安定した環境で生産活動に従事・訓練をしながら一般就職を目指す事が可能です。

具体的にどんな事をするの?

就労移行支援事業所などと同じ様に、就労継続支援A型事業所も各事業所によって特色があり活動内容も異なります。あくまでよく見られる活動内容としてですが、「アクセサリー作り」「データ入力」「封入作業など内職的作業」「Webサイト製作」などの生産活動を行っていたりします。

どんな人が対象?

就労継続支援A型事業所の対象者は、一般企業等に就労することは難しいが、雇用契約を結んで、継続的に就労することが可能な65歳未満の方(利用開始時65歳未満の方)が対象となります。
ただし、都道府県や市区町村などによって判断が異なる場合がありますので、お近くの事業所などで相談するのがいいかと思います。


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。

更新日:

Copyright© 障害者就職ナビ , 2017 All Rights Reserved.