お役立ち記事 精神疾患関係

雑談の仕方がわからない・・・なぜか相手を怒らせてしまう人が会話で気を付けるべきポイント【大人の発達障害】

投稿日:

雑談の仕方がわからない・・・

編集部なかの人
普通に話しているだけなのに、なぜか相手が怒っている。
自分では楽しく話しているだけなのに・・・。

ということがありませんか?

なぜか相手を怒らせてしまう・・・

ADHDの特性である衝動性は、思ったことをすぐに実行に移してしまいます。
そのため、頭に浮かんだことをしっかりと考えずに口に出してしまい、それが相手を傷つけたり怒らせてしまうのです。
ADHDの人は、自分の言ったことに対して後から考えて後悔するということはありますが、ぱっと頭に浮かんだことを考えてから口にする、ということがニガテです。
また、後悔しても、次の会話のときにはもう忘れてしまい、また同じようなことを繰り返してしまいます。

一方、ASD(自閉症スペクトラム)の人は、心の距離感がわからない、という方が多いようです。
目上の人に馴れ馴れしく接してしまったり、親しくすべき人に敬語を使ってよそよそしくなってしまったり、うまく距離感をつかむことができません。
こういったことがある人は、無理に話し上手になる必要はありません。
それよりも、聞き上手を目指す方が問題解決への近道になりそうです。

話し上手ではなく、聞き上手を目指そう

人は基本的に聞くよりも、話すことに喜びを感じるそうです。
そのため、聞き上手になれば相手とトラブルになることなく、お互い気持ちよく過ごせそうですね。
話すのがニガテという人は、基本的に相手が主役というスタンスにするとよさそうです。
相手の話を聞いて、それらの話題に対して、質問を中心に返していきましょう。
自分が答えなくてはならないときは、なるべく控えめに。
相手が話そうとしていることをまずは、優先してみましょう。

編集部なかの人2
質問を中心に答えると言っても、結構ムズカシイ気がする・・・。
いきなりでムズカシイ!という場合は、まずは、相手の話に合わせてうなずいてみましょう。
編集部なかの人

会話のときに気を付けるべきポイント

  • 相手が話し終えてから自分の話をする
  • 否定的な言葉はなるべく使わない
  • 相手のタイミングに合わせてうなずきを入れる
  • 目を合わせるのがニガテなら相手の口元を見よう
  • 自分が話すのは長くても相手と同じくらいに抑える

雑談の輪が出来ていたらなるべく参加しましょう。
発言はしなくても、聞いてるだけでOKです。

まとめ

発達障害を持っている人の中には、雑談の仕方がわからないという人もいると思います。
そういう場合は、話し上手になるのではなく、まずは聞き上手を目指してみるといいかもしれません。
一方的に自分の話をするのではなく、まずは相手の話をしっかり聞くように心掛けましょう。


※注意事項※ 障害就職NAVIでは、障害や精神病、それに関連する様な記事で情報発信を行っておりますが、内容によっては学会レベルで意見の分かれる情報もあります。従って、当サイトの記事(情報発信)によって生じる一切のトラブル等に対しては責任を負い兼ねますのであらかじめご了承ください。



-お役立ち記事, 精神疾患関係
-, , , , , ,

Copyright© 障害者就職ナビ , 2017 All Rights Reserved.